「公的保険を学ぶ」の記事一覧

新型コロナで仕事を休んだ 傷病手当金は受け取れる?

新型コロナウイルスで傷病手当は受け取れる?支給の対象や申請方法をFPが解説

働いている人が新型コロナウイルスにかかって仕事を休んだ場合、生活面で特に心配なことのひとつが収入ではないでしょうか。病気で仕事を休んだら、収入を補てんする公的な制度に「傷病手当金」がありますが、新型コ …

公的年金を学ぶ

公的年金を学ぶ

2019/09/11   公的年金を学ぶ

日本の公的年金は、老後を迎えたときや家計を支えている人が亡くなったとき、心身に障がいが残って生活や仕事に制限が出たときの生活資金に備える、国の制度です。日本では「国民皆年金」といって、20歳以上60歳 …

公的医療保険を学ぶ

公的医療保険を学ぶ

公的医療保険は、病気やけがをして病院にかかったときにかかるお金を補助する国の制度です。日本では「国民皆保険制度」といって、すべての人が公的な保険の制度に加入し、保険証をもつことができます。 病院を受診 …

ねんきん定期便(年金定期便)ってなに?将来の年金受取額の見方をFPが解説

ねんきん定期便(年金定期便)ってなに?将来の年金受取額の見方をFPが解説

2016/06/28   公的年金を学ぶ

公的年金への加入状況を確認する「ねんきん定期便」。 誕生日の月になると、はがきなどで郵送されます。ご自身が将来受け取る老齢年金に関わる重要な情報ですが、いったいどのように読み取ればよいのでしょうか?「 …

健康保険の自己負担割合と保険料の決まり方を解説

健康保険の自己負担割合と保険料の決まり方を解説

病院の窓口で保険証を提示すると、医療費の負担が一部ですみます。これは、公的な医療保険制度によるものです。そこで、公的な医療保険のしくみについて知っておきましょう。 自己負担割合とは? 保険がきく医療を …

後期高齢者医療制度とは?制度の内容、保険料負担をわかりやすく解説

後期高齢者医療制度とは?制度の内容、保険料負担をわかりやすく解説

75歳以上の方が加入する公的医療保険制度を「後期高齢者医療制度」と呼びます。 対象となった方々は、今まで加入されていた政府管掌健康保険や健康保険組合などの被用者保険から脱退し、後期高齢者医療制度(長寿 …

no image

FPが解説:海外と違う日本の医療保険制度と民間保険の必要性

日本に住んでいると、体調が悪くなった時に医療機関で診察や治療を受けたとき、加入している健康保険の保険証を窓口で提示すれば一定の自己負担で必要な医療を受けることができます。 しかし海外では日本とは公的な …

FPが解説:傷病手当金とは?受取条件、受給期間や金額の基本

FPが解説:傷病手当金とは?受取条件、受給期間や金額の基本

病気やケガをしたときの治療や入院などにかかる費用の負担は、公的な健康保険によって1~3割に抑えられることは、多くの人が知っているのではないでしょうか。では、病気やケガで仕事を休んでしまったときはどうで …

老後の生活費は年金だけでは足りない?長生きリスクに備える生命保険をFPが解説

老後の生活費は年金だけでは足りない?長生きリスクに備える生命保険をFPが解説

2016/04/15   公的年金を学ぶ

「人生100年時代」といわれ、老後の期間が長くなってきたいまは、高齢になったときのお金を早めに準備しておくことが大切です。ここでは、老後のお金の準備方法として保険の活用方法について知っておきましょう。 …

保存版】遺族年金の受給額はいくら?受給金額の早見表一覧

【保存版】遺族年金の受給額はいくら?受給金額の早見表一覧

2016/03/30   公的年金を学ぶ

家族の大黒柱に万が一のことが起こったとき、遺族に支払われる公的年金制度のひとつに「遺族年金制度」があります。残されたご家族が遺族年金だけで生活費の全額が賄えるわけではありませんが、生活の基盤になるお金 …

国民健康保険に傷病手当金はない!自営業の人が働けない時のリスクと対策

国民健康保険に傷病手当金はない!自営業の人が働けない時のリスクと対策

「国民健康保険」には例えば以下のような方々がご加入されています。 お店を経営しているなどの自営業者や専従者個人診療所の医師・歯科医師・薬剤師や専従者税理士・社会保険労務士・行政書士などの個人事業主や専 …