• PICKUP

時代の流れと共に長寿健康志向が高まり非喫煙者も増え、電車やタクシーの中が禁煙化され、レストランやビル内・路上など、公共的な場所のほとんどで禁煙や分煙が進んでいます。タバコの価格も増税と共に高くなり、禁煙を始める人も増えてきました。
禁煙にはストレスが伴いますが、健康上も金銭的(タバコ代がかからない)にも、喫煙していた頃に比べて多くのメリットが得られます。

実は上記のメリット以外に、タバコを吸わない場合に割引される生命保険があるのはご存知でしょうか?

タバコを吸わないと保険料がお得になる生命保険

死亡保障を目的とした生命保険では、タバコを吸うか吸わないかによって保険料が変わるものがあります。
これは生命保険商品によっては生命保険料の計算上、非喫煙者・喫煙者によって『非喫煙者(=1年以上タバコを吸っていない人)料率』、『喫煙者(=タバコを吸っている人)料率』などの区別があるからです。
こうした料率の違いは、タバコを吸わない人に比べてタバコを吸う人の平均余命が短い、つまり死亡リスクが高いところからきています。

非喫煙優良体料率のある生命保険への申込み方法

非喫煙優良体料率が適用可能な保険商品に加入する場合には、タバコを吸っているのかいないのか?を確認するため、ニコチンを検出する唾液検査(コチニン※検査と言います)があります。
コチニン検査は目の前で検査を行う必要があるため、資料請求などはインターネット上で行い、その後保険会社のスタッフとの対面でコチニン検査の流れでお申込みをするのが一般的です。

※コチニンとは、ニコチンが人間の代謝によって変化し、体内に残留したものです。

非喫煙優良体料率のあるチューリッヒ生命『定期保険プレミアム』とは

非喫煙優良体料率が適用可能な保険商品のひとつに、チューリッヒ生命『定期保険プレミアム』があります。

チューリッヒ生命『定期保険プレミアム』は死亡保障を目的とした生命保険です。
非喫煙優良体型でお申込みをする場合、喫煙の有無以外にも「血圧」の条件※1があります。一般的な他の保険では見られない条件のため厳しく感じる方もいらっしゃると思いますが、その分、保険料は一般の標準体型でお申込みするよりもお得になります。

チューリッヒ生命『定期保険プレミアム』の保険料を比較

では、20歳男性と40歳男性の場合を例に、それぞれ標準体型と非喫煙優良体型の保険料がどのくらい違うか、見てみましょう。

◆20歳男性、死亡保険金1,000万円の場合

契約年齢:20歳
性別:男性
保険期間:10年
払込期間:10年
死亡保険型金額:1,000万円
払込方法:月払(口座振替扱)

標準体型の生命保険料:1,300円
非喫煙優良体型の生命保険料:950円

保険料の差額:350円

※無解約払戻金型定期保険(標準体型)・無解約払戻金型定期保険(非喫煙優良体型)の場合。2018年12月1日現在の内容。

◆40歳男性、死亡保険金3,000万円の場合

契約年齢:40歳
性別:男性
保険期間:10年
払込期間:10年
死亡保険金額:3,000万円
払込方法:月払(口座振替扱)

標準体型の生命保険料:7,620円
非喫煙優良体型の生命保険料:4,590円

保険料の差額:3,030円

※無解約払戻金型定期保険(標準体型)・無解約払戻金型定期保険(非喫煙優良体型)の場合。2018年12月1日現在の内容。

タバコを吸っていない方は非喫煙優良体料率のある保険のご検討を!

同じ生命保険でも標準体型か非喫煙優良体型かで保険料に大きな差が出ており、40歳男性の場合を見ると月々3,030円(約39%の割引率※2)、年間では36,360円もの保険料がお得になってきます。

タバコを吸っていない方で血圧等が所定の基準値を満たす方は、ぜひ保険料のお得な非喫煙優良体料率のある生命保険をご検討ください!

チューリッヒ生命『定期保険プレミアム』はこちら

定期保険人気ランキングはこちら

※1 チューリッヒ生命所定の基準によります。(過去1年以内の喫煙歴なし/血圧:最高119mmHg以下、最低79mmHg以下で所定の基準を満たす方)
※2 割引率は、保険会社・保険商品・年齢・保険金額等の条件により異なります。