2019年版 自転車保険ランキング

更新日:2019/4/22

2019年自転車保険ランキング。
自転車保険は、自転車事故あった時の自分のケガと相手への賠償に備える保険です。

通勤や通学、サイクリングなど、自転車は日常生活に欠かせないもの。一方、自転車を利用していると事故の被害者にも、加害者にもなる可能性があり、自転車であっても死亡や後遺障害など深刻な事故となるケースもあります。

そんな自転車事故の被害者・加害者になった時、ご自身やご家族を守るのが自転車保険です。各自治体では自転車事故を重く受け止め、自転車保険の義務化が広がっています。
自転車保険の年間の保険料は数千円程度。事故後の費用を考えると安い出費といえるでしょう。

7
ジャパン少額短期保険

※アイコンにカーソルを当てると商品についての補足が表示されます

2019年人気保険ランキングの基準について >
(2019/3/1~2019/3/31 保険比較ライフィ調べ)

ライフィ人気保険ランキング掲載基準

・自転車保険ランキングは株式会社ライフィでの各商品の契約件数を基に集計しております。

・人気急上昇中マークは順位が上昇した保険商品を示しています。

・当ランキングは弊社「保険比較ライフィ」の取扱保険商品について、契約件数に基づいて作成したものです。

・過去1ヶ月間で人気のあった保険であっても、保険商品新商品への移行など、現在発売を停止している保険商品、保険会社の意向でランキング掲載許可が下りない保険商品は、除外させていただいております。

・保険商品の改訂が行われた場合、旧商品の契約件数と合算集計し、掲載しております。

あなたにぴったりの自転車保険は?

自転車保険は自転車事故の損害を補償する保険です。大きく「相手への賠償」「自分のケガ」の2つの補償から成り立っています。保険選びには、まず「相手への賠償」の補償が十分についているかどうか。次に自転車に乗る方に応じて「自分のケガ」の補償を決めることがポイントです。

自転車保険の義務化も「相手への賠償」が重要なポイント。現在兵庫県、大阪府、鹿児島県、名古屋市、埼玉県、京都府、金沢市、相模原市がすでに条例で義務化を導入しています。
義務化はその地域にお住まいの方だけでなく、その地域で自転車を利用する方全てが対象となります。子供だけでなく、家族で自転車を利用する方は「家族プラン」でまとめて保険に入ることで保険料が安くなります。条例の対象となるご家族は、保険の加入漏れがないように家族プランもおすすめです。

保険比較ライフィでは人気保険ランキング以外にも保険選びに役立つコンテンツや情報をご用意しております。下記ページをご参考の上、万が一の事故、また自転車保険の義務化に備え、ご自分にあった保険をお選びください。

参考ページ