当サイトで2019年の1年間で最も選ばれた保険を発表!生命保険、損害保険の種別ごと、ベスト3までご紹介します。

株式会社ライフィの運営するサイトを通じて1年間で成約した商品のうち、件数の多い商品順に掲載しております。

■集計期間:2019年1月1日~2019年12月31日

■掲載商品:

・人気保険ランキングの商品掲載基準にもとづき、掲載しております。

・2019年12月31日時点保険比較ライフィで販売されていた商品を掲載しております。

・集計期間内に契約があった場合でも、発売を停止した商品は掲載しておりません。

・商品が改定された場合には、旧商品の契約件数と合算集計して掲載しております。

車の保険

自動車保険ランキング

1
セゾン自動車火災保険
セゾン自動車火災保険
2
チューリッヒ保険会社
チューリッヒ保険会社
3
アクサ損害保険(アクサダイレクト)
アクサ損害保険(アクサダイレクト)

ドライバー保険ランキング

3
三井住友海上火災保険
三井住友海上火災保険

バイクの保険

バイク保険ランキング

1
チューリッヒ保険会社
チューリッヒ保険会社

バイク自賠責保険ランキング

2
損保ジャパン日本興亜
損保ジャパン日本興亜

自転車の保険

自転車保険ランキング

1
損保ジャパン日本興亜
損保ジャパン日本興亜

ペットの保険

ペット保険ランキング

1
アイペット損害保険
アイペット損害保険
2
SBIいきいき少額短期保険
SBIいきいき少額短期保険
3
ペットメディカルサポート
ペットメディカルサポート

旅行・ゴルフの保険

海外旅行保険ランキング

1
損保ジャパン日本興亜
損保ジャパン日本興亜
2
エイチ・エス損害保険
エイチ・エス損害保険

国内旅行保険ランキング

2
エイチ・エス損害保険
エイチ・エス損害保険

ゴルフ保険ランキング

火災保険

持家用火災保険ランキング

賃貸用火災保険ランキング

3
チューリッヒ少額短期保険
チューリッヒ少額短期保険

傷害・弁護士費用保険

傷害保険ランキング

弁護士費用保険ランキング

2
プリベント少額短期保険
プリベント少額短期保険
3
エール少額短期保険
エール少額短期保険

当サイトの損害保険の傾向

2019年の保険比較ライフィの取り組み

保険比較ライフィを運営する、株式会社ライフィでは2019年に新たに保険会社・少額短期保険会社3社と取引を開始いたしました。サイトには損害保険分野の新商品として7種目・8商品の掲載を行いました。

また、損害保険の保険種目をより分かりやすく掲載するため新たに「損害保険ランキング」を作成し、各ランキングページのリニューアルも行いました。

2019年 人気の損害保険

2019年の1年間で最も人気があったのが自転車保険、2018年に比べて人気が急上昇したのがドライバー保険でした。

2019年 自転車保険が人気の理由は?

2019年の1年間で最も契約の件数が多く、人気があったのが自転車保険です。

これには自転車保険の義務化が影響しているようです。2019年は新たに仙台市・神奈川県・長野県・静岡県で自転車保険の義務化が導入されました。2020年は4月に東京都・奈良県・愛媛県が義務化される予定です。

今後も自転車保険の義務化が全国に広まるとともに、自転車保険に加入する方が増えていくことが見込まれます。

2019年 ドライバー保険が人気の理由は?

2018年に比べて最も契約の件数が増え、人気が急上昇したのがドライバー保険です。

特に1日単位で入れる1日自動車保険は、ワンコインから、車を使う時だけ入れる手軽さで人気が集まっています。
弊社電話窓口には「ちょいのり保険」や「1DAY保険」など具体的な商品を挙げてお客様からお問合せをいただくことも増えており、1日自動車保険の認知度が増しているように感じます。

近年は若者の車離れの傾向もあり、今後マイカーを持たない方が増えていくことも予想されますから、ドライバー保険はより身近になっていく保険ではないでしょうか。

2020年 注目の損害保険

2020年に特に注目したいのは、ゴルフ保険と持家用火災保険です。

2020年 ゴルフ保険が注目の理由は?

以前、ゴルフ保険は「対面で加入する」というイメージがありましたが、近年ネットで入れる保険が増えています。

保険比較ライフィでは、2019年に楽天損保のゴルフ保険の掲載を追加し、商品ラインナップが4商品に増えました。
申し込みから支払いまでネットで完結できたり、ゴルフ当日に申し込めるものがあったりと「手軽に入れるネット保険」として、ゴルフ保険は今後より身近な保険になっていくのではないでしょうか。

2020年 持家用火災保険が注目の理由は?

マイホームにお住まいの方が加入する火災保険は、地震や台風など自然災害に備える保険として引き続き重要性が増しています。

一方で、火災保険はネットで見積もりができても、確認項目が多かったり、書類の提出が必要であるため、申し込みには書類の郵送が必要でした。しかし、保険会社による商品開発の結果、ここ数年は見積もりから申し込みまでネット完結できる火災保険が増えてきました。

対面の保険に比べると保険料が割安であることから、ネット保険を選んだ際には、保険料を節約できた分、地震保険をセットする方も多いようです。
申し込みの利便性が増していくことで、今後ネットの火災保険に注目があつまっていくのではないでしょうか。

保険比較ライフィでは、お客様の不安やリスクへの備えとして、引き続き保険商品のラインナップの追加、また分かりやすい商品の掲載に努めて参りたいと思います。

ライフィ編集部

チューリッヒ保険会社:DA200323-1

ライフィ公式SNS

このページをシェアする!
Twitter Facebook LINEに送る はてなブックマークに登録
Facebookに「いいね!」する