楽天生命保険株式会社は、2018年8月1日、団体信用生命保険(団信)の保障内容を充実した団体信用生命保険就業不能保障特約(全疾病特約付団体信用生命保険)の取扱いを開始したと発表しました。

この全疾病特約付団体信用生命保険は、住宅ローンの契約者である被保険者が死亡または高度障害状態になったときに、保険金で住宅ローン残高がゼロになるだけでなく、もし病気やケガで就業不能状態となり、15日を超えて継続したら、毎月の住宅ローン返済額が保障され、さらに1年を超えても就業不能状態であるときには住宅ローン残高がゼロになるというものです。就業不能の原因である病気を特定せず、保障を受けられます。(ただし、精神障害、妊娠・分娩・産褥など、保障の対象とならない病気等もあります。)

なお、同社は、WEBでの申込みに対応しているので、被保険者(住宅ローンの契約者等)は申込みと健康状態の告知をすれば、申込みの承諾可否の回答を最短で当日中に得られるということです。

文: 蟹山淳子