日本生命保険相互会社は、日本最大級のスタートアップコミュニティを運営するCreww株式会社と共に、新規ビジネス共創プログラム「日本生命アクセラレーター2018」を実施すると発表しました。

同社によれば、このプログラムの目的は「本格的な人口減少、超高齢化社会、生産人口減少による経済の低成長という日本の社会課題に向き合い、これからの人生100年時代をリードすべく、明るい長寿時代をサポートする取組や新たな保険商品の開発、時代に合った社会の仕組をスタートアップと共創し、事業化を検討」することです。

同社は、今年度から「イノベーション開発室」を設置し、スタートアップとの協業と事業開発に力を入れています。国内最大級のスタートアップコミュニティを運営するCrewwとともに実施するプログラムで、斬新なアイデアやノウハウを持つスタートアップを募り、同社の持つ(1)顧客との繋がり(2)同社のネットワーク(3)グループのネットワーク(4)蓄積データなどの経営資源を活用して、将来の発展に向けてサポートに取り組み、顧客の利便性・サービスの向上につなげていくということです。

文: 蟹山淳子