SOMPOホールディングスグループの損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社は、イスラエルのスタートアップ企業であるbinah.ai(ビナー社)と、最先端のデジタル技術を活用したヘルスケア分野での協業を開始すると発表しました。

同社によれば、ビナー社は「顧客企業が活用しきれていないデータを、すぐに利用可能な状態に変換する技術に優れており、信号処理と機械学習を活用した世界最高水準の正確性・速度・安定性を持つAI フレームワークを保有しています。」同社は、顧客が健康になることを応援する「健康応援企業」への変革を目指し、保険機能の提供だけでなく、健康になることを応援する機能を組み合わせたInsurhealth(R)を提供しており、ビナー社が持つ技術・ノウハウを活用して、顧客の健康状態(ストレスなど)をアドバイスできる仕組みの構築を目指すということです。

SOMPOホールディングスは、2017年11月に日本の保険会社として初めてイスラエルのテルアビブに、東京・米国シリコンバレーに続く第三のデジタル戦略拠点を開設し、2018年10月には「SOMPO Digital Lab Tel Aviv」を設立し、スタートアップ企業との協業の検討や実証実験を行なっています。そして、SOMPO Digital Lab Tel Avivの最初のデジタル技術かつ案件として、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命がビナー社と協業して健康サービス開発に向けた実証実験を行うこととなりました。

文: 蟹山淳子