三井住友海上プライマリー生命保険株式会社は、同社初の平準払保険として、『100年時代応援つみたて』(生存保障重視型平準払個人年金保険(利率変動型))を、2019年2月4日から株式会社三井住友銀行にて発売しました。

『100年時代応援つみたて』は、指定した保険料払込期間(10年~50年)の間、一定額を円で払い込む平準払方式により保険料を外貨で積み立て、増やした年金原資をもとに年金を受取る個人年金保険です。「日本より金利の高い外貨による運用」、「ドルコスト平均法による為替リスクの低減」、「トンチン性(死亡保障を抑え、生きている人の年金に回すしくみ)」の3つの特徴によって、年金原資を大きくする工夫があります。トンチン性を持った平準払の外貨建年金保険は業界初。

契約通貨は米ドルまたは豪ドル、保険料は月額1万円から40万円、保険料払込期間は10年以上50年以下、0歳から80歳まで契約することができます。年金は、確定年金、年金総額保証付終身年金、保障期間付終身年金から選択できます。

文: 蟹山淳子