三井住友海上火災保険株式会社は、欧州全域でデジタル保険の販売ライセンスを有する、ドイツのインシュアテック企業であるELEMENT Insurance AGとの業務提携に合意したと発表しました。

同社プレスリリースによれば、業務提携による取組みは以下の通りです。

(1)保険申込みから保険金支払いまでのすべてのプロセスをデジタル化した商品・サービスの提供
(2)当社が保有するデータとお客さまデータを掛け合わせることにより、お客さま独自のリスクに
合った商品や、これまで補償できなかった幅広いリスクに対応した商品の提供
(3)保険金支払判断の迅速化および保険金支払いの自動化
(4)お客さまから提出を求めていた保険申込書や保険金請求書等の書類の簡素化・デジタル化

エレメント社は、ビッグデータ分析等の最先端のデジタル技術やノウハウを活用して、サイバー保険やフライト遅延保険など、デジタル技術に対応した独自性のある保険商品を開発・提供するほか、デジタル保険のプラットフォーマーとして、幅広いネットワークを持っています。三井住友海上は、業務提携により日欧相互でエレメント社の有する最先端技術やノウハウを融合させ、顧客サービスのさらなる向上を目指すということです。