自転車は免許ナシで気軽に乗ることができるため、子どもの移動手段や、通勤通学に使われています。
一方で自転車による交通事故も多く発生しています。そうした状況からいくつかの自治体では自転車保険の義務化も始まっています。

自転車保険の補償内容とは?

自転車保険は、保険会社で少しずつ特徴が異なりますが、主に傷害保険、賠償責任保険の2つの補償で構成されています。
傷害保険は自分のケガ、賠償責任保険は相手方への賠償を補償します。

自転車保険の2つの補償

補償の種類 補償する保険
自分のケガ 傷害保険
相手への賠償 賠償責任保険

自転車事故を起こしてしまったら?

自分が自転車で事故を起こしてしまい、ヒトやモノを傷つけてしまったとき、損害の内容に応じて賠償しなければなりません。
賠償金は保険金で対応しますが、事故が起こってから賠償金を支払うまでの相手方との話し合いは「示談交渉サービス」を利用することで保険会社に対応してもらうことができます。
自動車保険などではよく耳にする示談交渉。示談とは何なのでしょうか。

交通事故の示談とは?

「示談」とは、事故の加害者と被害者が話し合いによって事故の問題を解決することです。
自転車事故で相手をケガさせてしまったり、相手のモノを壊してしまったりしたとき、「損害賠償額」や「支払い方法」をお互いが合意できるよう話し合うことです。

示談交渉サービスでやってくれることは?

示談交渉では、事故による損害を確認し、損害を元通りにするための費用を確定させ、支払う金額を決め、最終的に解決の書類を作成するまで行います。
損害は「人のケガ」と「モノの破損」の2種類に分けられます。ケガの場合について示談交渉でやってくれることを具体的にご説明します。

損害の確認

ケガの場合には、ケガの程度と治療費用を確認し、ケガが完治するのにいくらかかるか調べます。また、治療費用以外にも、ケガによる「慰謝料」、病院へ通院するための「交通費」、通院中に仕事ができなかった場合の「休業損害」、などどんな損害が発生しているか、損害額はいくらかを調べます。
支払うためには費用を証明する必要であるため、被害者の「診断書」「治療費の領収書」などの証拠となる書類の取り付けも行います。

示談交渉

交通事故の場合、加害者に一方的な過失があるケースもありますが、被害者側にもある程度過失が発生するケースもあります。場合によっては被害者に対して全額賠償するのではなく、相手の過失分を差し引いて一部を支払うことがあります。
事故の形態によって、過去の裁判例を基にして損害額のうちどれくらいを支払うのかを交渉します。

示談書の取り付け

ケガの治療が終わると、示談交渉によって決めた金額と支払い方法を書面にした「示談書」を作成します。「示談書」に加害者と被害者双方で署名捺印をします。事故の当事者は示談書を解決の証として保管しておきます。

賠償金の支払い

示談が成立すると示談書で決められた金額を相手方へ支払うことになります。保険を使用する場合には、保険会社から被害者側へ直接賠償金が支払われます。

示談が成立しなかったら?

損害額の認定に納得ができない、差し引かれる過失分に納得がいかない、など示談が成立しなかった場合、訴訟を起こし裁判で争われる場合もあります。

自分が被害者でも示談交渉サービスを活用できる?

自分に全く責任のない被害事故にあった場合、自分の入っている自転車保険の示談交渉サービスは使うことができません。保険会社が示談交渉できるのは、契約者が加害者として賠償責任を負った場合と、法律で決められているのです。

被害者になった場合、相手や相手が加入している保険会社と直接交渉することになります。交渉内容に納得がいかない場合には弁護士に相談するなどの対策も必要になります。
このような場合に弁護士へ支払う費用をカバーする「弁護士費用特約」をセットできる保険商品もあります。自動車保険にセットされた特約が一般的ですが、特約が使えるのは自動車との事故のみという保険会社が多いようです。
また、特約ではなく、「弁護士費用保険」という専用の保険商品もありますので、自転車保険選びと一緒に調べてみるのもよいでしょう。

示談交渉サービスは自転車保険選びのポイントの一つ

交通事故が起きたとき、事故解決までには状況の確認、損害の確認、書類の取り付け、金額の交渉などさまざまな作業があります。
本来、この作業は事故の当事者同士が行ったり、弁護士に依頼を行ったりします。ただ、初めての事故では手順が分からなかったり、相手とどう話をしていいか分からず、不安が多いものではないでしょうか。
保険は賠償金への備えとして感じてしまいがちですが、賠償金を払うまでの一連のサービスも保険商品の一部、として考えてみてはいかがでしょうか。そして、示談交渉サービスがついているかどうかを1つのポイントとして自転車保険を選んでみるのもおすすめです。

示談交渉サービスがついている自転車保険

au損保「自転車向け保険 Bycle」はこちら

損害保険ジャパン日本興亜
「サイクル安心保険」はこちら

東京海上日動火災保険
「eサイクル保険」はこちら

三井住友海上火災保険
「ネットde保険@さいくる」はこちら

楽天損害保険
「ラクラクWEB サイクルアシスト」はこちら

その他自転車保険ランキング