生命保険は、保険料を期日までに支払わないと、契約の効力がなくなってしまいます。これを「失効」といい、失効した後は万が一のことがあっても保障が受けられなくなってしまいます。 

ただ、契約が「失効」しても一定期間内であれば、契約を元に戻すことができます。これを「復活」といいます。

ここでは、生命保険の失効と復活のしくみを知っておきましょう。

生命保険が失効すると以後の保障は受けられない

生命保険契約が失効すると、保障は受けられなくなります。しかし、保険料の支払いが少し滞っただけですぐに失効するわけではありません。払込猶予期間があり、この期間中ならば、保険料の支払いが遅れても保障を有効に継続できます。

保険料の払込猶予期間はいつまで?

払込猶予期間は、保険料の支払い方法によって異なります。

月払いの場合

保険料を払い込むべき月の翌月1日から末日までです。たとえば、契約日が10月1日で3月に払い込みが遅れてしまったら、翌年の4月1日から30日までが猶予期間になります。この間に払い込まないと、5月1日以降は失効するおそれがあります。

半年払い・年払いの場合

保険料を払い込むべき月の翌月1日から翌々月の契約応当日までです。たとえば、契約日が10月5日で年払いなら、本来は毎年10月1日から10月31日に保険料を払い込みます。もし遅れてしまったら、11月1日から12月5日までが猶予期間になります。この間に払い込まないと、12月6日以降は失効するおそれがあります。

保険料の払込猶予期間~失効のスケジュール例

失効までのスケジュール