• PICKUP

これまでにがんにかかった経験がある方は、治療や闘病にお金がかかることを身をもって実感しているでしょう。もしもの再発や転移に備えるなら、その際のお金の負担はできるだけ抑えられるようにしておきたいものです。

そこで、がんを経験したサバイバーの方が活用できる保険をご紹介します。

がん経験前に契約している保険で再発・転移に備えられる可能性あり

一般的ながん保険や医療保険でがん特約を付帯して加入済みの場合、がんの治療のために入院や通院、手術をしたら所定の給付金が支払われます。すでにがん保険・がん特約に契約している人が一度がんにかかり、こうした給付金を受け取った後、再びがんの治療をしたら、要件に該当する給付金を受け取れます。

一度がんにかかると、新たながん保険に契約するのは難しくなる傾向があります。すでに契約しているがん保険があれば、再発や転移による入通院などで対応できるかもしれません。

がん保険・がん特約のなかには、がんと診断されると給付金を受け取れるものがあります。この診断給付金には、保険会社によって初回の診断のみが対象になるものと、2回目以降も受け取れるものがあります。2回目以降も受け取れるタイプであれば、がんが再発・転移したときにも診断給付金を受け取れます。

診断給付金の受け取り要件は保険によって違う

がんの診断給付金を受け取る細かな要件は、保険会社や商品によって異なります。いわゆる「がん」には「悪性新生物」のほか「上皮内新生物(上皮内がん)」を含めて称されることがありますが、保険の診断給付金ではこれらの取り扱いがわかれることがあります。保険会社によって、「がん診断給付金」の支払い対象を悪性新生物のみにしているところと、上皮内新生物も対象にするところ、上皮内新生物は給付金額を半額などに削減するところがあります。

また、がんと診断される際の要件も保険会社によって異なります。医師によって「診断確定」された時点で給付金を受け取る要件を満たすところもあれば、がんと診断されて、その治療のために入院や通院することを要件とするところもあります。あるいは、初回のがんは診断確定のみが要件だが、2回目以降は診断確定+入院とするところもあります。

再発・転移含め、2回目以降のがんの診断給付金は、2年に1回の受け取りを限度としている保険会社が多いです。
すでにがん保険に契約している人は、今後の再発・転移の際にどんな要件を満たすと診断給付金を受け取れるか、一度確認しておくと安心ですね。

がん経験後でも入れる再発・転移のためのがん保険

いままでにがんを経験したことがある人のために販売されている専用の保険もあります。

セコム損害保険「自由診療保険メディコムワン」

乳がんを経験した人に向けた保険が、セコム損害保険の「自由診療保険メディコムワン」です。満20歳から満65歳の女性で、初めてかかったがんが乳がんであり、契約時点でその再発・転移・新たながんがない、乳がんの手術日から、ステージに応じて6ヶ月超~6年超経過しているなどの要件を満たすと契約できます。

がん(悪性新生物)・上皮内新生物と診断確定され、入院したときにはかかったがんの治療費が無制限に支払われます。また、通院したときにはかかったがんの治療費のうち最大1,000万円まで(5年ごと)支払われます※1

加入できるのは乳がんを経験した人ですが、契約後に補償されるのは乳がんに限らず、他の部位のがんも対象になります。

また、健康保険がきく治療だけでなく、先進医療や自由診療※2を受けたときも補償の対象になります。たとえば、国内ではまだ承認されていない抗がん剤を使った治療を受けたときには、健康保険が適用されず、先進医療にもあたらないことがあり、治療費の全額が自己負担になります。こうした治療の負担に備えられるのが大きな特長です。

保険期間は5年間で、90歳まで5年ごとに自動更新されます※3

セコム損害保険『メディコムワン』はこちら

「メディコムワン」注意事項

※1 次の範囲は支払いの対象外となります。

・ガン外来保険金支払い対象外
往診による治療、交通費・宿泊費等、直接治療に関係しない諸雑費(セカンドオピニオン外来の費用は補償されます)

・ガン入院保険金支払い対象外
差額ベッド代、貸テレビ代・新聞代・特別メニューの食事代等、直接治療に関係しない諸雑費

・ガン外来保険金・ガン入院保険金支払い対象外
ガンの診断確定を主な目的とした、検査のための通院・入院、ガンの再発・転移の診断を主な目的とした、診察または検査のための通院・入院、ガンの手術により失われた形態または機能を改善する形成再建手術等(乳ガンの手術と別の時期に行う乳房再建手術等)を行うことを主な目的とした、自由診療による通院・入院。

※2 メディコムワンの自由診療としての補償は、通院・入院する医療機関がセコム損害保険の協定病院、がん診療連携拠点病院、大学附属病院等であること、および医師による通院・入院診療計画に健康保険等(公的医療保険)の給付対象とならないがんの診療が含まれていることが条件となります。

※3 更新後の被保険者の年齢が90歳を超える場合は保険期間が短縮されます。

*保険金の支払責任は、保険期間の初日からその日を含めて91日目に開始します。(90日の待機期間があり、この間に診断確定された場合は補償されません。)

*本ページでは、2019年3月時点における「自由診療保険メディコムワン(新ガン経験者用ガン治療費用保険)」の概要をご案内しています。ご契約の際には「重要事項説明書」、「ご契約のしおり」等を必ずご覧ください。

*「MEDCOM」及び「メディコム」は、「自由診療保険」に関するセコム損害保険株式会社の商標です。

がん経験後5年たったら引受基準緩和型医療保険も選択肢のひとつ

がんに限らず持病がある人が加入しやすい、引受基準緩和型の医療保険を選ぶのもひとつです。一般の医療保険に比べて告知事項を緩やかにしたもので、がん以外の病気やケガで入院したとき、手術したときなどにも備えられます。

商品によって異なりますが、がん・上皮内新生物の既往歴については、最近3カ月以内に医師の診察・検査・治療・投薬のいずれかを受けていないこと、過去5年以内に入院または手術をしていないことなどが問われます。ほかに、がん以外も含めて3カ月以内に入院や手術を勧められたことがない、過去2年以内に病気やケガで入院または手術をしていないことも問われます。

保障される内容も商品によって異なりますが、入院したときに日数に応じて受け取れる入院給付金や、所定の手術を受けたときに受け取れる手術給付金は多くの引受基準緩和型保険に含まれています。特約で、がんと診断されたときに受け取れる診断給付金をつけられるもの、再発・転移含め2回目以降のがんでも診断給付金を受け取れるものもあります。

すでに加入している保険とのバランスで検討を

このように、がんを経験したサバイバーの方が、今後のがんに備える方法は複数あります。それぞれで備えられる対象や受け取る保険金・給付金の額、期間、条件などが異なりますから、すでに契約している保険や現在の身体の状態に応じて、可能な選択肢を絞ってみるとよいでしょう。

保障内容が異なるため一概に比較することはできませんが、ご自身やご家族のニーズに合わせたプランにしたときに支払う保険料も大事なポイントです。医療費の負担は健康保険の高額療養費から、闘病のための休業には傷病手当金からまかなうなど、公的な制度によるサポートがあることも踏まえて、必要な分を民間の保険で補えるとよいですね。

  • 執筆者プロフィール

    ファイナンシャルプランナー 加藤 梨里

    加藤 梨里(かとう りり)

    マネーステップオフィス株式会社代表取締役
    CFP(R)認定者、金融知力インストラクター、健康経営エキスパートアドバイザー
    マネーに関する相談、セミナー講師や雑誌取材、執筆を中心に活動。保険、ライフプラン、節約、資産運用などを専門としている。2014年度、日本FP協会でくらしとお金の相談窓口であるFP広報センターにて相談員を務める。