【加藤梨里】44歳医師 年収1,200万円 子どもを医学部に行かせるための保険の入り方は?

さらに充実!44歳医師 年収1,200万円におすすめの保険プラン

がん免疫保険で最先端医療を可能に

Gさんはがん家系であり、ご自身も医療に携わっていることから、がんになったときにはできるだけ最新の医療を受けたいと考えています。そこでオススメなのが、がんの免疫治療に備える保険です。

医師が考えた少額短期保険の「医師が考えたがん治療のための免疫保険」は、がんの免疫細胞療法を受けたときに給付を受けられる保険です。

がん免疫細胞療法は、弱くなってしまった免疫の力を活性・強化し、がんへの攻撃力を強めてがんを治療する方法です。一般的に、がんの治療には手術、抗がん剤などの化学療法、放射線療法の三大治療が用いられますが、それだけでは治療効果が十分でなかったり、抗がん剤の副作用で生活や仕事に支障が出たりすることもあります。

一方でがん免疫細胞療法は、自身の免疫を使うことで、つらい副作用がほとんどないといわれています。仮にがんになったとしても、お子さまが独立されるまではできるだけ仕事を休まずに続けたいと考えているGさんにとって、体への負担が少ない免疫細胞療法は、ぜひ治療法の選択肢の一つにしたいところです。

「がん治療のための免疫保険」は、がんと診断されると100万円の診断保険金を、がん免疫細胞療法を受けたら60万円の治療保険金を受け取れます。総額160万円の保険金があれば、がん免疫細胞療法にかかる治療費のかなりの部分を確保することができます。

44歳のGさんの場合、月払保険料は600円です。

病気やケガで収入が減った時の保障

収入の高いGさんにとって、病気やケガで仕事ができなくなるのは大きなダメージになります。

そこで、働けなくなった時の心配に備えるのが、
「ライフネット生命 就業不能保険 働く人への保険2」です。

病気やケガで長期間働けなくなるという「就業不能状態」の時の収入をサポートする保険です。入院または医師の指示による在宅療養が60日あるいは180日(申込時にお客様が選択)を超えた場合に、毎月10万円などの一定額を受け取ることができます。

むちうち症など医学的他覚所見のない場合や精神障害は対象外となりますが、過去の支払実績をみても、がんや脳血管疾患、骨折、難病など原因は幅広く、特定の病気に絞った保険ではありませんので「経済的死亡」といわれる就業不能状態にしっかり備えられます。

健康保険では、病気やケガで3日間続けて会社を休むと、4日目以降については傷病手当金を受け取れます。傷病手当金は、標準報酬月額の3分の2を、1年6か月受け取ることができます。Gさんはお勤め先の病院で健康保険に加入していますので、収入のおよそ3分の2は傷病手当金でカバーできるのです。

ですが、傷病手当金でカバーできたとしても、収入は月におよそ20万円ダウンしてしまいます。

これを補うために活用できるのが、就業不能保険です。

就業不能状態が続いた場合Gさんが毎月20万円ずつ65歳まで受け取る場合の保険料は4,696円です(44歳男性、就業不能給付金月額20万円、高度障害給付金200万円、保険期間・保険料払込期間65歳、支払対象外期間180日間、標準タイプA型)。

収入が高く、これからお子さまの教育費がかかっていく見込みのGさん一家にとって、もし働けなくなったときに収入を確保できるのは心強いものです。

このように、お子さまが幼いご家庭では、一家の大黒柱に十分な死亡保障をつけておくことが大切です。特に、世帯主の収入が高く、お子さまの進路が医学部など、高額な教育費がかかると見込まれる場合には、病気やケガをするリスク、また収入がダウンするリスクにも備えておくと安心です。

※この記事の内容は、ファイナンシャルプランナーの見解です。
※コラム内でフィナンシャルプランナーが紹介している各保険商品については、お申し込みの際にお客さまご自身でしっかりと保障内容をご確認ください。

 


FPプロフィール

加藤梨里

ファイナンシャルプランナー 加藤梨里

ファイナンシャルプランナー(CFP(R))、金融知力インストラクター、マネーステップオフィス株式会社代表取締役 保険会社、信託銀行を経て、ファイナンシャルプランナー会社にてマネーの相談、セミナー講師などを経験し、2014年に独立開業。くらしと健康のお金に関する相談、セミナー講師や雑誌取材、執筆を中心に活動しています。

マネーステップ オフィス株式会社

代表 加藤梨里
URL : http//moneystep.co/
MAIL : info@moneystep.co

*CFP(R)、CERTIFIED FINANCIAL PLANNER(R)、およびサーティファイド ファイナンシャル プランナー(R)は、米国外においてはFinancial Planning Standards Board Ltd.(FPSB)の登録商標です。FPSBとのライセンス契約の下に、日本国内においてはNPO法人日本FP協会が商標の使用を認めています。

1 2 3 4

ご注意
■各保険商品の保障内容・保険料等の保険商品の詳細につきましては、資料をお取り寄せいただき「パンフレット」「契約概要」「注意喚起情報」「ご契約のしおり・約款」「特別勘定のしおり」等でご確認いただくか、各保険会社のWEBサイト等で必ずご確認ください。
アクサダイレクト生命株式会社:AXA-031-185-101