「ファイナンシャルプランナー」タグの記事一覧

債券投資の基礎知識

投資

債券とは 投資の代表例として、「株式」「投資信託」「債券」があります。「国債」という言葉はみなさん聞いたことがあるでしょう。債券は、お金を借りる時に発行される借用書のようなものです。 「国債=国の借金」というニュースをた・・・

株式投資の基礎知識

投資

株式とは? 株式というと損をするというイメージの強い方が多いと思います。それは株式の価格がほかの変動商品より大きく変動をするからです。株式は投資家(資金を提供する人)が、株式市場を通して企業の株式を購入します。 企業は市・・・

NISA(ニーサ)を知ろう!

投資

NISAとは NISAとは、2014年1月から導入された「少額投資非課税制度」のことです。イギリスのISA(アイサ)を参考に作られ、Nippon版ISAとしてNISA(ニーサ)と名づけられました。「少額」の「投資」に対す・・・

為替とは?

投資

為替とは 為替とは、各国のお金、つまり「通貨」の交換レートのことです。 日本の円を持っている人が、ほかの国の通貨を手に入れようと思ったら、持っている円を使って、別の国の通貨に交換しなければなりません。たとえば、アメリカの・・・

円高・円安とは?

投資

円高・円安とはどういうことか ドルやユーロのような外貨に対して、円の価値が相対的に高くなることを「円高」、逆に円の価値が相対的に安くなることを「円安」といいます。 例えば、1ドル=100円だった円が、1ドル=80円になっ・・・

認知症に備える保険

保険を学ぼう

認知症に備える保険 認知症になると、(1)診察・検査費用、(2)薬代、(3)介護サービス費用のお金がかかります。また、それ以外にも家族がお世話をしに来たり、自宅をバリアフリー化したりと、認知症とともに暮らしていくにはさま・・・

認知症の予防法

健康マメ知識

認知症の予防法 高齢化とともに数が増えている認知症。厚生労働省の研究によると、2025年にはその数は65歳以上の5人に1人に上ると推計されています※1。長生きをすると、長い老後生活にかかる生活費が膨らむほか、病気やケガを・・・

認知症でかかるお金に備える

保険選びのコツ

PICKUP 認知症でかかるお金に備える 認知症になると、本人にも、家族にもそれまでの日常生活にはなかった負担がかかります。そのなかでも気になるのがお金の負担です。もし認知症にかかった場合、どれくらいのお金がかかるのでし・・・

糖尿病がある人の団体信用生命保険

保険を学ぼう

PICKUP 糖尿病がある人の団体信用生命保険 生活習慣病の一つである糖尿病は、命にすぐに関わることは比較的少ないものの、慢性疾患として病気と付き合いながら暮らしていくことを強いられる病気でもあります。糖尿病にかかった後・・・

ページの先頭へ