自己責任、危機管理が問われる時代です。
 自分の人生に青写真を引き、青写真を現実にするために努力するのも自分なら、不慮のケースを想定し、その場合の対応を考えておくのも自分自身に他ならないのです。 人生をどうプロデュースするか、そのためには今何をなすべきか、いまいちど、考えてみませんか。

独身女性のかた

 独身女性の場合、万が一の場合の残された家族がおりませんので、死亡保障よりも生存保障、すなわち女性保険を充実させたいですね。
年代別にお勧めの女性保険をご紹介いたします。

20代独身女性 女性保険の選び方

 独身時代に習い事やスポーツ、グルメと自分磨きに忙しく過ごしながら、そろそろ結婚について考え始める頃でしょうか。若さの過信からつい無理をしがちなのも20代。体調を崩して入院、なんてコトになったら大変!せっかく貯めた結婚資金が入院費用に消えてしまうのだけは避けたいもの。最低限、入院保障の女性保険は選びたいですね。

30代独身女性 女性保険の選び方

 独身時代から仕事もキャリアを積み、資金面でも余裕が出始めて充実した日々を過ごせる時期です。
 ただ、30代になると、公的機関からも検診のお知らせが届くように、女性特有の病気も増加してくる時期。エステなどカラダのメンテナンスを始める時期でもあります。 何か病気が見つかった場合など、安心して入院・治療ができるように、早めの準備をお勧めします。
 特に、女性は男性に比べると生涯賃金が少ないわりに生命保険の保険料が男性よりも割高の場合がありますから、準備はお早めに!

40代独身女性 女性保険の選び方

 40歳になると介護保険料の支払いも始まり、老後を考えざるを得ません。
 自分の老後ももちろんですが、親の介護が始まるのも40代が圧倒的です。
 仕事をしながらの介護は精神的にも体力的にもきびしいのが現状です。
 専門の方たちに介護をお願いする余裕資金の準備と、自分の老後の準備をそろそろ始めませんか。

50代独身女性 女性保険の選び方

 今まで味わったことのない身体の変調、更年期を迎える年代です。
 個人差はあるようですが、中には仕事ができなくなるほど辛い症状が出る場合も。
 治療費に加えて生活費もかかり、その上、収入が途絶えてしまったら…。 健康なうちにしっかりとした医療保障に加入して、“そのとき”に備えたいですね。女性特有の病気もかなり増加傾向にある時期です。女性保険で対策は整っていますか?