自己責任、危機管理が問われる時代です。
自分の人生に青写真を引き、青写真を現実にするために努力するのも自分なら、不慮のケースを想定し、その場合の対応を考えておくのも自分自身に他ならないのです。

年代別考えておきたい保険の種類

人生をどうプロデュースするか、そのためには今何をなすべきか、いまいちど、考えてみませんか。

20代

 自分の身体は自分で守るのが社会人の責任です。もし入院することになったら、自分で入院費用や生活費をまかなう必要があります。
学生時代に親が保険をかけてくれていたという方も多いようです。その保険はいつ頃からの加入で、どんな内容なのか、きちんと把握しておきましょう。
今の生活環境や時代に見合った内容なのかを一度きちんとチェックすることをお勧めします。
入院したり、病気になった後では希望する保険に加入できない場合もありますから。

そんな方にまず検討して頂きたいのが、「医療保険」です。
「医療保険」は上記のような入院費用や生活費をまかなうのに便利な保険です。
日本の社会保険制度は充実していますが、そこにプラスで「医療保険」を加えることでよりしっかりとした安心を得ることが可能になります。
今は何もないけれど、いつか入院などしてしまった時が不安という方は、まずはこちらを検討してみてください。

▼今、人気の保険ランキング▼

医療保険ランキングはこちら

30代

 責任のある仕事を任され、多くの部下を抱えるなどで、仕事のやりがいを実感する年代です。
30代になると、賃貸物件暮らしを卒業し、マンション購入を考える方も多くなります。住宅ローンを利用すると『団体信用生命保険』に同時加入をしていることがほとんどですので、ローン返済者が万一死亡した場合にもローン返済は保険で賄うことができます。
 ただし、入院となるとローン返済プラス入院医療費の支払い、退院できたとしても働けない状態が続いた場合には生活するための資金が必要となってきます。

そんな方にご検討頂きたいのは、「就業不能保険・所得補償保険」です。
「就業不能保険・所得補償保険」は、加入されている方が働くことのできない状態となった場合に、ご自分やご家族がお給料のように給付金を受け取ることのできる保険です。
働けなくなった時の不安に備えて、更に仕事へ打ち込めるようになるにはうってつけの保険ではないでしょうか。

▼今、人気の保険ランキング▼

所得補償保険ランキングはこちら

40代

 40歳になると介護保険料の支払いも始まり、老後がより身近なものになってきます。
40代前半にはいわゆる“大厄年”を迎えることもあり、身体にも充分な注意が必要な年代です。
健康診断で、コレステロールや中性脂肪値の異常を指摘され、生活習慣病の可能性ありとして再検査を指示された人も少なくないでしょう。会社を退職し、転職や独立、ご自分で起業している人もいらっしゃるでしょうが、自営業の場合には雇用保険や労災、傷病手当金など会社勤めの際に受けることが出来た保障がなくなります。 自分自身でしっかりと自分のトラブルに備えなくてはいけません。

そんな方にご検討頂きたいのが、先述の「医療保険」「就業不能保険」、そして「終身保険」です。
「終身保険」では、万が一のことがあった場合に備えることができます。
それに加えて、商品によっては貯蓄性がある為、将来の備えを行いたい方にも是非ご活用頂きたい種類の保険です。

▼今、人気の保険ランキング▼

終身保険ランキングはこちら

50代

 自分の老後準備は勿論ですが、親の介護も切実になってくる年代です。
仕事を続けながら自分自身で介護するのは現実問題、大変難しい状況です。
専門のスタッフに介護をお願いできるだけの余裕資金の準備もしておかなくてはなりません。
また、年齢も進んだことで親だけでなくご自身も健康に不安を抱えており、通院や投薬が必要な持病のある方も多いことでしょう。

そんな方にご検討頂きたいのが、「引受緩和型保険」と呼ばれる持病があっても入りやすい保険です。
この保険は通常の保険に比べて告知項目が限定されており、その項目に該当しない方であればお申込みが出来るというものになっています。
万が一のことに備えられる「終身保険」と、病気やケガでの入院に備えられる「医療保険」、そのどちらにも「引受緩和型保険」はあります。
ご自身と親との保険について見直したいけれど持病が不安…という方もあきらめずに、一度こちらの保険をチェックしてみてください。

▼今、人気の保険ランキング▼

持病があっても入りやすい保険ランキングはこちら