ストレスの多い現代社会において、社会問題となっているのが『メンタルヘルス』。
 肉体的には健康であっても精神的に不健康な場合、それが身体の変調となって出てくる場合が多々あります。例えば、うつ病、自律神経失調症、胃炎、十二指腸潰瘍などなどです。あなたの職場でのストレスサインをチェックしてみてください。

早期の対策が重要!ストレスサインのチェック

  1. 遅刻、早退、欠勤が増える
  2. 仕事の能率が低下し、ミスが増える
  3. 口数が少なくなり、考え込む
  4. 他人の言動がひどく気になる
  5. 同僚とのつき合いがおっくうになる
  6. ささいなことですぐ怒る
  7. 眠れない日が増える

職場でのメンタルヘルス対策は絶対必要!

 職場における『メンタルヘルス』対策として、平成26年12月に改正安全衛生法が施行され、「ストレスチェック制度」が導入されました※。
労働者数50人以上の事業場において、心理的な負担の程度を把握する「ストレスチェック」の実施が義務化されました。ストレスチェックを通じて労働者の方は自分のストレス状況について振り返るとともに、事業者は職場ごとのストレス要因を評価し、職場環境の改善に努めたり、特にストレスの高い人に対して医師による面接指導につなげることを目的としています。
「ストレスチェック制度の対象ではないけど、自分の職場ストレスをチェックしてみたい」という方向けに、厚生労働省「職業性ストレス簡易調査フィードバックプログラム」に基づいて制作された、「5分でできる職場のストレスセルフチェック」というコンテンツがございます。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

うつ病など、精神的疾患にならないために、個人でできる予防策

 ストレスに感じる事は人それぞれです。周りの人がストレスに感じなくても自分だけがストレスを感じる場合もあります。 そこで、自分の話を気軽に聞いてくれる相談窓口があったらいいですよね。
 そんな方のために、平成29年度の厚生労働省委託事業として「働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト『こころの耳』」というサイトが開設されました。職場のメンタルヘルス対策や過重労働対策について取組む事業者の方や、働く人、またそのご家族の方を支援する情報提供や相談窓口のサイトです。
電話での相談はもちろんのこと、お仕事で忙しい方などもご活用できるメール相談も受け付けています。
 いきなり専門医にかかるのは少し心配、という方も多いかと思います。そんな方はこういった窓口を利用し、少しずつでも、ストレス対策を行い、穏やかな日常生活を過ごせるようにしてもらえればと思います。

 また、メンタルヘルスに不安を抱える方でもお申込みいただける生命保険もご案内出来る可能性があります。
お気軽にお問合せください!

※出典:厚生労働省「ストレスチェック等の職場におけるメンタルヘルス対策・過重労働対策等」

参考ページ : うつ病でも医療保険の加入をあきらめないで!