WEBで断られた時の自動車保険

スーパーカーで断られた

スーパーカーで断られた

スーパーカーのように高級な車両で断られてしまった

インターネット完結型の自動車保険(ダイレクト型自動車保険)に加入しようと思っても、車両保険が加入する事ができないなんて事があります。スーパーカーのように高級な車両の時には、車両保険を付けないなんて選択はなかなかできませんよね?
「なんで車両保険に加入する事ができないの?」
「車両保険に加入できないんじゃ、怖くて乗れないよ!」
なんて思う方もいるのではないでしょうか。

しかし安心してください。スーパーカーのような高級車でも車両保険に加入することはできるのです。インターネット完結型の自動車保険(ダイレクト型自動車保険)で断られてしまったという時には、代理店を通して加入するタイプの自動車保険で車両保険に加入する事ができるかもしれません。

車両保険に加入する事ができないケース

さて、まずは、どのようなケースでは車両保険への加入を保険会社から断られてしまうのでしょう?保険会社によって違いますが、一般的なケースを見てみましょう。

  • 車両価額が1000万円超
  • 初年度登録から15年以上経過している車両
  • 市場価格のデータのない車両
  • 車両料率クラスが9の車両
  • 現在加入の自動車保険のノンフリート等級が低いケース

上記のような条件では、保険会社によって車両保険の引受を断るケースがあります。

スーパーカーでも車両保険に加入する事はできる

さて、スーパーカーのような車両価額が高い車両でも車両保険に加入する方法もあります。それは、インターネット完結型の自動車保険(ダイレクト型自動車保険)ではなく、代理店を通して加入する自動車保険に加入するという方法です。
車両保険は各保険会社で引き受けに制限を設けています。それは、モラルリスクを予防するための処置でもあるので、申請を上げて、車両保険の加入が承認されれば、車両保険への加入ができるのです。
申請方法や内容は、各保険会社によって違いますが、車両の保管状態であったり、現物の車両の確認をしたり、購入金額を証明できる書類の提出などが必要になります。

申請には、時間がかかるケースもありますので、期日に余裕を持って保険代理店に相談をしていただきたいと思います。
スーパーカーの自動車保険でお困りの方は、ぜひ一度お問い合わせください。