WEBで断られた時の自動車保険

スポーツカーで断られた

スポーツカーで断られた

スポーツタイプの車種で車両保険の引受を断られてしまった!

インターネット完結型の自動車保険(ダイレクト型自動車保険)は、スポーツタイプの車種の時には断られてしまう可能性があります。一般的に、スポーツタイプの車両は、事故率が高かったり、車両の価格が高額になってしまう傾向にありますので、保険会社によっては、車両保険の引き受けを断られるケースが多くあるのです。
「え?車両保険に入れないの?」
「車両保険に加入できないと事故のときに困る!」
なんて思ってしまう方も少なくありませんよね?

しかし安心してください。インターネット完結型の自動車保険(ダイレクト型自動車保険)に加入することができないケースはありますが、決して車両保険に加入できないということであはありません。インターネット完結型の自動車保険(ダイレクト型自動車保険)ではなく、代理店を通して加入をするタイプの自動車保険であれば、車両保険に加入できる場合があります。

スポーツカー以外で車両保険に加入できないケースとは?

インターネット完結型の自動車保険(ダイレクト型自動車保険)に限らず、自動車保険の車両保険に加入することができないケースは実は多くあるのです。一般的には次のような車両の条件があります。

  • 車両価額が1000万円超
  • 初年度登録から15年以上経過している車両
  • 市場価格のデータのない車両
  • 車両料率クラスが9の車両
  • 現在加入の自動車保険のノンフリート等級が低いケース

上記のような条件では、保険会社によって車両保険の引受を断るケースがあります。

スポーツカーでも車両保険に加入する事はできる

上記のような条件の車両でもご安心ください!スポーツカーや高級な車両でも車両保険に加入することはできるのです。それは、保険代理店を通して自動車保険に加入する方法です。
代理店を通して自動車保険に加入する方法では、車両保険に引受制限がかかっている条件の車両でも、「保険会社から承認を受けること」で、車両保険に加入することができるのです。

ただし、車両保険の申請には、時間がかかるケースもありますので、期日には余裕を持って代理店に相談することをおすすめ致します。
スポーツカーの自動車保険でお困りの方は、ぜひ一度お問い合わせください。