毎月楽しみな給料日。お給料の支給とともに会社から渡される給与明細の中身を、じっくりと見たことはありますか?よく見てみると、意外と細かい項目にわかれており、いろいろな名目で金額が加減されています。
 そこで、私たちが毎日働いて稼いだお給料のしくみと給与明細の見方を知っておきましょう。

給与明細のしくみ

 給与明細とは、会社が従業員にいくら支払っているのかという金額である「総支給額」と、私たちの手元にはいくら入金されるのかというである「差引支給額」、そしてその内訳を表わすものです。「総支給額」から「差引支給額」が決定されるまでには、従業員の勤労状況や雇用条件による調整や、社会保険料や税金の徴収が入ります。
 会社が従業員にお金を支払い、従業員が受取るまでのお金の流れが、給与明細上では

(1)勤怠項目欄
(2)支給項目欄
(3)控除項目欄
の3つに分けて表示されます。下記、< 表1 給与明細の例 >をご覧ください。

< 表1 給与明細の例 >

給与明細の例
以下、それぞれの項目の詳細を見ていきましょう。
 給与明細の形式は会社によって異なりますが、ここでは一般的な形式を紹介しています。

1カ月の勤務成績表である「勤怠項目欄」

 勤怠項目欄には、1カ月の業務日数や出勤日数、勤務状況が記載されます。休日出勤や残業時間は、支給の加算対象になる項目です。欠勤、遅刻、早退などがあった場合には減額の対象として記載されます。また、支給額には直接関りませんが、有給休暇日数や取得日数が記載されることもあります。

基本給や手当の内訳を表す「支給項目欄」

 支給項目欄には、基本給や各種手当など、会社から従業員に支払われる報酬や金銭的な補助の内容が記載されます。(表2を参照)

< 表2 支給欄の詳細 >

支給欄の詳細
 「基本給」は、会社と従業員の雇用契約により決定された基本の給与です。多くの会社では、基本給がボーナスや退職金の金額を計算するときの基礎になります。(会社の賞与、退職金規程にポイント制を導入している会社では計算方法が異なります。詳しくはお勤め先にご確認ください。)この場合、月々の支給総額が多くても、基本給部分が少ないと、ボーナスや退職金が思ったよりも小さくなることもあります。
 「手当」とは、会社の業務効率や生産性向上を目的に、従業員が働きやすい環境を確保したり、スキルアップを支援したりするための金銭的な補助のことです。手当は個々の会社独自の規定により支給され、数や種類は会社によって異なります。一般的なものは、住宅手当、資格手当、家族手当などがあります。また、残業をしたときの時間外手当や、通勤にかかる交通費を補助する通勤手当もこの中に含まれます。

「額面」と「手取り」の違い

 基本給や手当など、会社が従業員に支払った報酬をすべて合計した金額が「総支給額合計」です。これが、「額面金額」といわれるものです。額面金額を12カ月分合計したものが、いわゆる年収になります。
 また、額面から社会保険料や税金などを差し引き、実際に従業員の手元に入金される金額が「差引支給額」です。これが「手取り」の金額で、給与明細の一番下の部分に記載されます。

給与には課税されるものと非課税のものがある

 支給される報酬や手当には、課税の対象になるものとならないものがあります。通勤手当は、1カ月につき10万円までは所得税や住民税の対象になりません。このため、給与明細での「課税支給額(課税合計)」には含まれません。通勤手当以外の項目は、基本的に課税対象になります。
 課税対象になる項目の合計は、控除欄に記載され、所得税や住民税の算出根拠になります。これについては「給与明細の見方その2:給与からマイナスされる「控除」とは?」で詳しく説明します。

給与明細の見方その2:給与からマイナスされる「控除」とは? へ続く

本文:CFPファイナンシャルプランナー 加藤梨里