東京海上日動火災保険株式会社は、パイオニア株式会社と共同で、オリジナルの通信機能付きドライブレコーダーを活用した、個人の顧客向け新サービス「ドライブエージェント パーソナル」を開発しました。

ドライブレコーダーは、これまで事業用に活用されていましたが、高性能化・低価格化されるに伴い、一般ドライバーにも利用されるようになってきました。そこで、個人向けにドライブレコーダーを活用したサービスを開発し、自動車保険の特約として提供することとなりました。

主なサービス内容は以下の通りです。
1.高度な事故対応サービス
・事故映像が自動送信され、東京海上日動火災と共有されるので、事故状況に関する説明の負担を軽くすることができます。
・強い衝撃を検知した場合は、提携企業に自動で連絡が行われ、通話を行うことができるので、事故直後の不安を解消します。
・状況に応じて、提携企業が消防署などへの連絡を行います。

2.安全運転診断サービス
  ・膨大な保険事故データに基づき、顧客ごとの危険運転傾向を基に作成した「安全運転診断レポート」を作成します。

3.事故防止支援サービス
・運転時の外部環境およびお客様の運転状況をもとに危険地点を予想し、音声メッセージなどによって、リアルタイムに注意喚起を行います。
・偏り走行や車線逸脱を起こした場合、および危険運転を検知した場合、端末から音声メッセージなどにより、ドライバーに注意喚起を行います。

東京海上日動火災のトータルアシスト自動車保険ならびにトータルアシスト超保険に加入している契約者を対象として、このサービス専用の特約を付帯した方にドライブレコーダーを貸与し、サービスを提供します。特約保険料は、月額650円です(保険期間1年、分割払の場合)。