糖尿病は、確実に年々増加傾向にあります。厚生労働省による2012年国民健康・栄養調査では、糖尿病が強く疑われる人や「予備群」は2,050万人にも上ります。2007年の調査らから比べると160万人減少したものの、日本人の約5人のうち一人が糖尿病の予備軍という事になります。

 糖尿病予備群と言える年齢別の割合は、男性の場合、30歳代で3.2%、40歳代で12.6%、50歳代で22.4%、60歳代で36.2%です。女性の場合、30歳代で4.2%、40歳代で9.2%、50歳代で18.3%、60歳代で30.0%となります。男性は40歳代以降、急激に増加、女性は50歳代から増加傾向です。(平成24年国民健康・栄養調査報告より)

糖尿病の恐ろしさは合併症!進行を防ぐことが重要課題

 糖尿病になった場合、神経障害や網膜症・腎症といった合併症のほかに、心筋梗塞や脳梗塞など動脈硬化に関連の深い病気にかかる割合が、糖尿病でない人に比べて高くなります。

 糖尿病は、完治しない病気ともいわれており、徐々に進行していき合併症などが併発すれば単に健康を害することだけではなく、長期入院となり経済的負担もどんどん増加していきます。
そのため、糖尿病の進行を防ぐことが重要課題となります。

☆糖尿病の進行を防ぐ3ポイント
 ・第一次予防: 境界型・糖尿病型から糖尿病にならないように
 ・第二次予防: 糖尿病が進行し、合併症にならないように
 ・第三次予防: 合併症が進展しないように
入院や手術での自己負担への備えは大丈夫?

 食事に気をつけ、適度な運動を継続的に行い、健康の維持・増進を図りながら、進行を防ぐ努力をしていきましょう!

糖尿病になってからでも、保険は入れる?入れない?

 このような状況から、糖尿病の方から『医療保険に加入して、入院や手術時の経済的な負担に備えたい』というニーズが高くなっています。しかしながら、「糖尿病で加入できる保険が少ない」というお声をいただきます。
 そこで、糖尿病の方でも入れる保険(定期死亡保険と定期医療保険)をご紹介いたします。

従来の、糖尿病でも入れる保険

 過去、糖尿病でも入れる保険があっても、無選択型や引受基準緩和型・限定告知型の保険商品で、保険料が高くなってしまい、加入を断念せざるをえないケースが多いようです。
 また、無選択型や引受基準緩和型・限定告知型の商品については、保険にご加入いただける年齢を30歳以上や40歳以上としている保険会社が多いのも現状で、特に小児期の発症が多い『1型糖尿病』について、小児(お子様)にご加入いただける保険がありませんでした。

今後の、糖尿病でも入れる保険

 糖尿病有病者の救済、特に『1型糖尿病』の救済を本旨としながら、糖尿病の発症の原因は問わず、糖尿病でも入れる保険があります。
 それは、手頃で加入しやすい保険料で糖尿病と合併症に特化した医療保険と生命保険です。この医療保険と生命保険を発売している保険会社はエクセルエイド少額短期保険という保険会社です。

エクセルエイド少額短期保険とは?

 エクセルエイド少額短期保険は、糖尿病有病者向け専用の保険と、保険に特化した少額短期保険としてスタートしました。
 糖尿病のみならず病気による入院や手術、通院を保障する『糖尿病保険プラス』や通院保障を除いて保険料を割安にした『糖尿病保険』、死亡保障型の糖尿病有病者向け生命保険『糖尿病保険ライフ』『糖尿病保険フラット』『糖尿病保険ミニ』の5種類の保険を提供しています。
 医療保険は0歳3ヶ月から満89歳の方、生命保険は満6歳から満89歳の方で、糖尿病(合併症を含む)を発症している方が、以下の3項目の告知項目に該当しない場合にご加入いただけます。

糖尿病でも入れる保険の告知事項は3つだけ

1型糖尿病でも0歳3ヶ月のお子様からご加入が可能!

 医療保険『糖尿病保険プラス』『糖尿病保険』は0歳3ヶ月から、生命保険『糖尿病保険ライフ』は満6歳からご加入いただけますので、『1型糖尿病』を発症されているお子様にもご加入いただくことができます。また、現在インスリン治療を行っている方でもご加入いただけます。

合併症もその他の病気もカバーで安心な医療保険!

 医療保険ご加入後には、ご加入前から発症している糖尿病とその合併症だけではなく、ご加入後に発症した糖尿病以外の病気やケガも保障しますので安心です。
 糖尿病有病者向け医療保険『糖尿病保険プラス』『糖尿病保険』ついては、ご加入後に糖尿病で入院したり、手術を受けられても給付金を受け取ることができます。
 また、他の病気で支払い対象となる入院期間中(60日/1入院)に糖尿病(合併症を含む)を併発した場合には、併発時から新たな入院とみなされますので、合併症にはとても手厚い保障となっています。
糖尿病と合併症の保障期間と保険金額
 ご加入いただいた糖尿病有病者の方からは、これまで入退院を数回行い、1カ月以上入院したこともあり「入れる保険がないと思ってあきらめていたのに加入できた。医療費の支払いが高額になり辛かったので、本当に助かった」というお声もいただいております。

糖尿病でも入れる生命保険もあります!

 エクセルエイド少額短期保険には糖尿病の方向けの医療保険のほかにも『糖尿病保険ライフ』『糖尿病保険フラット』『糖尿病保険ミニ』もあります。1年更新型の定期保険で、最高300万円までの死亡保障にご加入いただけます。
 ぜひこの機会に、『糖尿病有病者に有益な保険』をご検討ください。また、「糖尿病の方でも病状によっては加入可能なガン保険」も併せてご検討ください。

糖尿病でも入れる生命保険、医療保険お申込みへ

募図E09-76-HP090116

まだまだあります、糖尿病の方におすすめの保険

 上記保険のほかにも、弊社では糖尿病の方をサポートできる保険のお取り扱いがございます。
 色々な保険商品を比較して、ぜひともご検討ください!

『糖尿病サポートサービス』の付いた一生涯保障の終身医療保険

 医療保険で、糖尿病の方でも入りやすいのは引受基準緩和型です。引受基準緩和型医療保険の場合、健康上の告知項目が少なく、持病の状況によってはご加入しやすくなっています。

 ここでおすすめする引受基準緩和型の医療保険は、一生涯保障する終身型の医療保険で、『糖尿病サポートサービス』が付帯しています。糖尿病の相談サービスや、優秀糖尿病臨床医のご紹介の他、他の病気でも電話健康相談が受けられます。さらに特約で、先進医療特約と一生涯の死亡保障を付帯することが可能です。
 お申込みに必要な告知項目は4つ。ぜひチェックしてみてください。

一生涯の終身医療保障をご希望の方

 エクセルエイド少額短期保険は、糖尿病有病者向け専用の生命保険と医療保険は、1年更新のため、年々保険料が上がっていきます。そのため、保険料が一生涯変わらない終身保障をご希望の場合には不向きとも言えます。
 そこで、お勧めするのが引受基準緩和型の終身医療保険です。引受基準緩和型の場合、健康上の告知項目が少なく、持病の状況によってはご加入しやすくなっています。

医療保険ではなく、一生涯保障の生命保険

 糖尿病の方でも入りやすい一生涯の死亡保障を得ることができるのは引受基準緩和型の終身生命保険です。
 引受基準緩和型の場合、健康上の告知項目が少なく、持病の状況によってはご加入しやすくなっています。


参考ページ:エクセルエイドの糖尿病有病者向け保険商品紹介ページへ