女性特有のがん「子宮頸がん」は、がんの中で唯一感染するがんで、性交渉などで感染します。また、ワクチン接種で予防もできるがんでもあります。子宮頸がんについて詳しく学んでおきましょう。

若い女性に急増中!「子宮頚がん」とは?

 乳がんに次いで女性がかかりやすいといわれる子宮がん。日本では年間約21,500人がかかり、約6,100人が死亡しています。このうち、子宮頸がんにかかる人は約9,800人、亡くなる人は約2,700人です。子宮頸がんは、20歳歳代後半から40歳前後まで出かかる人が多く、若年層で増加傾向にあります。(※1)
※1.がん情報サービス

 子宮頚がんは50歳代から60歳代にかけてかかりやすい子宮体がんと違い、外子宮口という入り口付近に発生するため、がんになる前に早期発見することや、早期治療することが可能です。早く見つかれば、その分完治の可能性も高くなり、治療にかかるお金や時間の負担も軽くなります。ここでは、子宮頚がんの特徴と予防方法を知っておきましょう。

子宮頸がん罹患率の推移表

子宮頚がんの原因の約90%はヒトパピローマウイルス(HPV)

 子宮頚がんは、がんの中で唯一感染するがんで、その発生の原因には多くの場合「ヒトパピローマウイルス(Human Papillomavirus:HPV)」の感染が関連しているとされています。HPVには100種類以上のタイプがあり、このうち15種類が子宮頸がんの原因となるハイリスクタイプに分類されています。子宮頚がん患者の人のうち、90%以上からハイリスクのHPV(16型と18型)が検出されています。

子宮頸がんは性交渉で感染する

 HPVは、性交渉により誰もが感染する恐れのあるウイルスです。また、一度感染しても免疫ができることはなく、何度でも感染する可能性があります。ただし、感染しても必ずがんが発症するわけではありません。多くの場合は症状のないうちにHPVが排除されます。まれにHPVが排除されずに長期間感染が続くと、一部の細胞に異常が起こる「異形成」が発生します。これも多くは自然に正常細胞に戻りますが、一部が数年から十数年かけてがん化し、「前がん病変」という状態になります。これが進行すると子宮頸がんが発生します。

子宮頸がんを予防するにはワクチン接種を!

 HPVには複数の型があり、一部の型には感染を防止するワクチンがあります。平成24年1月現在、日本国内では、ハイリスクタイプに分類される16型と18型のウイルス感染による子宮頚がん(およびその前がん病変)を予防する効果のあるワクチンが市販されています。ただし、このワクチンを接種しても、完全に子宮頚がんを防ぐことはできません。その理由は、以下の3点が挙げられます。

(1)現在市販されているワクチンでは、HPV16型と18型以外のHPV感染に起因する子宮頸がん(およびその前がん病変)に予防効果があるかどうかがまだ確認されていない。

(2)ワクチン接種の時点で、すでにHPVに感染していたり、すでにHPV関連の病変を発症していたりする場合、その進行を予防することはできない。

(3)ワクチンによる子宮頚がんの予防効果がどのくらいの期間持続するかについて、まだはっきりと確認されていない。

 上記のことから、ワクチン接種でHPV感染を予防することも大切ですが、それに加えて子宮頸がん検診を受診し、健康状態を定期的に確認することが重要です。

※上記参照先:独立行政法人国立がん研究センターがん情報サービス

地域の子宮頚がん検診で手頃にチェック!

 子宮頚がん検診は、健康増進法により全国のほとんどの市区町村で実施されています。自己負担費用は非常に小さく、おおむね500円~2,000円です。集団検診では約8割、個人健診でも約4割の自治体が1,000円以下に設定しています。
 健診の内容は医療機関により多少異なりますが、基本的には問診と視診を行い5分程度で終了します。必要に応じて精密検査で子宮頸部の状態を詳しく確認することもあります。検査結果はおよそ2週間でわかります。
 自治体による検診は、対象となる年齢に制限がある場合が多いですが、その範囲内であればどなたでも受けることができます。実施時期、検査を行う場所、費用負担などは各自治体によって異なりますので、詳細はお住まいの地域にてご確認ください。

特定の年齢の方は、子宮頸がん検診 無料クーポンでより気軽に!

 政府は平成21年度より、一定年齢に達した女性に無料で子宮頚がん検診を受診できる「がん検診無料クーポン」を配布しています。
 下表に該当する年齢の女性は、地域の役所から無料クーポンを受け取ることができ、指定の医療機関で子宮頚がん検診を受診することができます。
 また、クーポン券とともに、子宮頸がん検診について分かりやすく説明した「検診手帳」が送られます。検診手帳には、検診を受けた時期などを自分で記録することもできます。

 手ごろな自己負担で、短時間にチェックできる子宮頚がん検診。早めに受診して、治療のためにかかる医療費の出費も時間のロスも防ぎましょう。

参考ページ:おすすめのがん保険 一覧
参考ページ:がん保険は入った方がいい?がん保険の選び方
参考ページ:がん保険の選び方
参考ページ:がんの保険診療と自由診療

参考ページ:乳がんとセルフチェック
参考ページ:乳がんの治療後に気になる「再発」や「転移」とは?
参考ページ:出産費用に係わる出産一時金と入院給付金
参考ページ:女性保険 年間人気ランキング

本文 : CFPファイナンシャルプランナー 加藤梨里