生命保険の保険料は3つの予定率を基に算出されています。予想運用利回りは予定利率で、亡くなる方の想定割合は予定死亡率で、
事業費用として想定される費用割合は予定事業費率で、これら3つの予定率を勘案することで保険料は決定されているのです。

 しかしながら、この予定率はあくまでも将来の予定であって、必ずしも運用利回りや死亡者数、事業費がその通りになるとは限りません。
 そこでこれらの予定率と実際の状況に差があり、剰余金が生じた場合には生命保険契約者に剰余金が還元されることとなっています。
この還元されるお金のことを配当といいます。

有配当の生命保険と無配当の生命保険がある

 配当に関しては、すべての生命保険商品でもらえるわけではありません。生命保険商品は大きく分けると配当がもらえる「有配当タイプ」のものと、配当のない「無配当タイプ」のものから構成されています。さらに、有配当タイプには、予定利率・予定死亡率・予定事業費率の3つをもとに利差益、死差益、費差益を求め配当が計算される「3利源配当型」と、利差益のみをもとに配当が計算される「利差配当型」にわけることができます。
生命保険の有配当と無配当の種類

利差益・死差益・費差益って具体的には?

 保険料の一部は将来の満期金等のために積み立てられます。その際に運用を行うわけですが、運用が予定していたよりも好調で、予定利率以上で運用できたとします。この場合には実際の運用利回りと予定利率との差(利差益)を配当としてお客様に還元されます。これを「利差配当」といいます。

 また、実際に亡くなる方が少なかったために、保険料を頂きすぎたということもあるでしょう。この場合には実際の死亡者数と予定死亡者数を比較することで生じる保険金支払額の差(死差益)を配当としてお客様に還元されます。これを「死差配当」といいます。

 生命保険会社の企業努力により、コスト削減が奏功し、事業費用が予想よりも少なく済んだということもあるでしょう。この場合には実際の事業費と予想事業費との差(費差益)を配当としてお客様に還元されます。これを「費差配当」といいます。

 実際には、有配当保険はこれら3つの配当が支払われることになります。また、有配当保険のうち、利差配当型については利差配当のみが支払われることとなります。これらの保険は、配当部分があるために、無配当保険と比較して通常保険料は高くなっているといえます。

配当の基準 保険料設定 保険料比較
無配当保険 配当なし 保障部分 保険料安
|

保険料高
利差配当保険 利差益が生じた場合にのみ配当 保障+利差益による配当
有配当保険 利差益・死差益・費差益の3つによる配当 保障+3利源による配当

無配当の生命保険の保険料が安い理由

 有配当保険に対し、無配当保険では配当が支払われません。配当が支払われないということは、お客様から保険料を多めにもらうことなく、予定利率や予定死亡率、予定事業費率を実際の経験値に照らし合わせながら極力差が出ないように設計されているということがいえます。そのため、保険料は安く設定されているといえるのです。

生命保険は有配当と無配当、どちらがよい?

 結局のところ、お客様からいただいた保険料のうち、利差益・費差益・死差益が生じた場合にお返しするものが配当であり、特に費差益と死差益はお客様の保険料の一部分が配当に置き換わっているということがいえます。有配当保険の配当は保険料の事後精算によって生じるものなのです。

 しかも、配当は必ずしも確定してもらえるものではありません。実際の運用収益が想定収益よりも下回った場合など剰余金が発生しない場合には、配当が支給されない場合もあります。つまり、経済情勢によって変わりますので、一般的に「好景気でインフレ傾向にある場合には有配当の生命保険がお得」、「景気が低迷しデフレ傾向にある時期には無配当の生命保険がお得」と言えます。

 以上からお分かりの通り、配当があるから必ずしもお得な保険とはいうことができません。また、配当がないから損ということもいえません。むしろ、配当があるからこそ有配当保険は通常保険料が高く設定されています。保障をどのようなものにするか考えながら、保険料が割安で効率性を求めるのであれば無配当タイプの保険を選択されるとよいでしょう。特に、利差益がそもそもほとんど期待できないような掛け捨てタイプの保険商品(死亡保障中心の掛け捨て保険など)においては、保険料の安い無配当型の保険に加入されることをおススメします。

参考ページ : ネット生保ライフネット生命へ

本文 : スキラージャパン 伊藤亮太