勤務先の企業や団体を通じて加入できる『団体定期保険』。
これが、一般的に保険料が割安な死亡保障商品です。
では、団体定期保険とは一体どういったものなのでしょうか。詳しくご説明します。

団体定期保険とは?

団体定期保険の保険期間は、掛捨て型で1年の定期ですが、契約形態によってタイプはふたつあります。

1.役員や従業員が死亡した場合、遺族や役員・従業員の生活を保障する目的で企業が保険料を負担する『総合福祉団体定期保険(Aグループ保険)』。
2.国や企業による保障を補完するために、役員・従業員が任意で加入する、『総合福祉団体定期保険』または『Bグループ保険』または『希望者グループ保険』などと呼ばれる保険です。(以下『Bグループ保険』)

今回は、このBグループ保険についてご案内します。

Bグループ保険のメリット

1)一般的に保険料が割安
企業や団体の複数の人が同じ保障期間の保険をまとめて契約するため、保険会社は契約コスト(保険証券発行費用や口座振替費用等)を抑えられるため、保険料が安くなるのです。
割引率は、企業や団体での加入人数や加入者の平均年齢などによって異なりますから、自社のケースを確認しておくとよいでしょう。
場合によっては、一般の個人保険に比べ保険料が半分以下になることもあります。

2)契約時には医師の診査が必要がない
加入者本人による告知のみで加入・更新ができる手軽さがあります。

3)剰余金が戻ってくる
保険期間が終了した時点(1年ごと)で団体単位で剰余金があった場合には、剰余金が配当金として加入者に戻ってくるため、毎年とは限りませんが保険料の実質的な負担を軽くできる可能性もあります。

Bグループ保険のデメリット

1)募集時期が年1回
毎年限られた時期にしか加入することができません。そのために、加入や見直しは、ある程度計画的に行わなければなりません。

2)保険料が割高になるケースもある
概して保険料は安いのですが、年齢ごとに細かく保険料が決められている一般の個人保険と違い、年齢に関係なく一律の保険料率が適用されることが多くあります。
そのため、高年齢層の社員が多く加入している(加入者全体の平均年齢が高い)場合には、若い人が加入すると保険料が割高になるケースもあります。

3)在職中の人を対象とした保険
定年・転職などで退職すると、原則として保障は打ち切られます。(加入年数が長いと個々人で加入する一般の個人保険へ切り替えができる場合もあります)
持病がある方の場合、打ち切られた後に生命保険の加入ができない、または保険料が高額となってしまう場合も考えられます。

『Bグループ保険』を利用できるのはその企業や団体に勤めている人の特権です。
自身のニーズに合うものは積極的に利用し、不足する部分は一般の個人保険を組み合わせるなど、バランスを考慮して活用していくことをご提案します。

個人で安い保険料の生命保険を探したい!

 残念ながら『Bグループ保険』については一般の保険代理店では加入のお取扱いができません。
勤務先で、Bグループ保険を採用されていない場合でも、やはり安い保険料の生命保険を見つけたいですよね。
不足する部分を一般の個人保険でお考えになられるときには、ぜひご相談ください。

【Bグループ保険と同様!】
▼保険期間1年の保険はこちら▼