妊娠中の妊婦さんでも入れる医療保険は?

妊婦の画像
 女性の身体は赤ちゃんを産むための機能があるため、男性よりも複雑でデリケートです。その分、病気の可能性やリスクも高まります。20歳代からは妊娠・出産に関するリスク、30歳代からは乳がんや子宮筋腫、卵巣腫瘍などが、60歳代前半ぐらいまで女性特有の病気の発症の可能性が増加していきます。
 また、出産に関しては初産を控え、初めて母子手帳を受取った妊娠初期は、喜びと期待でいっぱい。でも、腹痛や出血などの症状や、妊娠中期に入り、帝王切開、流産、妊娠中毒症、羊水過多症などの出産に関する不安や悩みをを抱くプレママもいらっしゃるのでは?そこでエイ・ワン少額短期保険の『妊娠中の医療保険について』解説します。

参考ページ:妊娠・出産時の入院給付金・出産育児給付金

一般的に、妊娠中に医療保険への加入はできても加入条件が付く

 母子手帳に初回診察記録をされた日から妊娠27週目までであれば、妊婦でもほとんどの医療保険に加入することが可能です。ただし、残念ながらほとんどの医療保険で『特定部位の不担保』という条件が付きます。つまり、医療保険の加入が妊娠中ならば、直後の出産で「帝王切開娩出術」などを受けたとしても「手術給付金の保障対象外」となり、保険金がもらえません。

『特定部位の不担保』条件とは?

 子宮に生じた疾病(妊娠もしくは分娩の異常が生じた場合または帝王切開を受けた場合を含みます)を直接の原因とし、その治療を目的として保険会社の定める 不担保期間中(1年間など)に給付金の支払事由が生じたときは、入院給付金および手術給付金が支払われません。
 ただし、保険会社が指定した特定部位以外の入院・手術については、入院給付金および手術給付金が支払われます。

帝王切開も手術のひとつ。手術後は医療保険に加入できない!?

 また、過去5年以内にに帝王切開等の手術を受けた方は医療保険加入時に告知で質問される「過去5年以内に入院・手術を受けたことがありますか?」という問いに対し「YES」と答えなければなりません。ので、上記と同様に『特定部位の不担保』の対象となりますので、帝王切開手術等から5年以内の医療保険加入は難しいかもしれません。

 ですので女性の医療保険へのご加入は、できるだけ妊娠前の加入をお勧めいたします。
もし、帝王切開などの経験の前に加入済みの医療保険があるのならば、今の医療保険を解約せずに、手術後最低5年間は大切に契約を維持してください。

『今の妊娠は保障の対象外でも良い!から終身医療保険を希望したい』方へ

 医療保険へのご加入を『妊娠してしてから検討している』のならば、直後の妊娠については保障対象にならないことが多い事を知った上でお申し込みください。

お客様の状況により、健康体の医療保険にご加入いただけることもございます。
その場でご加入いただけるかどうか、目安をお答えできますので、お気軽にお問合わせください。


 ●『直後の妊娠も保障してほしい!』という方は続きをお読みください。


妊娠中でもご加入OK!出産に備えることができる医療保険をご紹介!

 数年前に保険業法が改正され、少額短期保険会社という保険会社が誕生しました。比較的小さな額の保障と、短期間の保障であることで、大きな保険会社では、なかなか商品化しづらい特徴のある保険商品を販売できるようになりました。少額短期保険会社は平成28年10月19日現在、87社登録されています。(一般社団法人日本少額短期保険協会資料参照)

 その中の1社、エイ・ワン少額短期保険が扱う医療保険「EVERYONE」(エブリワン)は、一般的な医療保険ではありますが、妊娠中の妊婦さんでもご加入いただける医療保険です。医療保険「エブリワン」は1年更新型の医療保険で、入院日額5,000円、7,000円、10,000円の3つのタイプが用意されています。

【保険料例】 女性 日額5,000円の場合

年齢 月払保険料
15歳~19歳 1,950円
20歳~24歳 2,180円
25歳~29歳 2,660円
30歳~34歳 2,540円
35歳~39歳 2,610円
40歳~44歳 2,520円
45歳~49歳 2,610円

※この保険の保険期間および保険料払込期間は1年(更新型)です。

【給付金のお支払い例 ① 】

手術をして、6泊7日の入院をした場合
f18入院一時金として2.5万円、手術一時金で5万円、入院保険金7日間で3.5万円
計11万円

【給付金のお支払い例 ②】

手術をしないで、4泊5日の入院をした場合
f18入院一時金として2.5万円、入院保険金5日間で2.5万円計5万円

【妊娠中に医療保険「エブリワン」にお申込みをご検討されている方へ】

・妊娠中にご加入を希望される場合、出産予定日の告知と「母子手帳にある妊娠中の経過ページ」コピーの提出が必要となります
・妊娠中の方で、帝王切開・流産・妊娠中毒症など、疾病の可能性があることを、医師より保険のお申し込み以前に示唆されている場合、または過去に帝王切開のご経験がある場合、その疾病を保障対象外としてお引き受けさせていただくか、もしくはご加入のお引受けができない場合がございます。
・医療保険「エブリワン」の保障開始は、毎月15日までに、お申し込み手続きが全て完了(保険料のお支払いは翌月)された場合、翌月1日より保障開始となっています。出産時期が直前の方は提出書類の不備やご記入漏れなど内容にご注意ください。

今の妊娠にまつわる疾病の可能性を示唆されている方、既に持病がある方

 エイ・ワン少額短期の医療保険「EVERYONE」には持病や既往症があってもご加入いただける制度「指定疾病不担保制度」があります。妊娠中なのにもし、持病や既往症があり医療保険にご加入できずに困っていても、医療保険「EVERYONE」ならば持病や既往症に関連した病気以外の病気ならば保障の対象となりますので安心です。
 例えば、妊娠中毒症や切迫早産、切迫流産、妊娠悪阻(つわり)、妊娠高血圧、妊娠糖尿病等の指摘が医師からある場合、事前に「加入できるかどうか?」の相談コーナーエイ・ワン少額短期保険のページの一番下に事前査定ボタンがありますので、そこから「この他特筆すべきこと」に詳しくご記入いただき、お問い合わせください。ご加入の可否やご加入条件等をご案内いたします。その他の質問等もあり幅広くご対応させていただいております。

1年更新型医療保険【ABCおかあさん保険】

 ABC少額短期保険の1年更新型医療保険『ABCおかあさん保険』も、妊娠19週までの妊婦さんもお申込み可能です。さらに更新時には保険料の割引制度もご用意。詳しくはABC少額短期保険のホームページでご確認ください。

【告知は正しく、真実を!】
 保険会社はお申込いただく方に事前に検診や告知をしていただき健康状態を把握します。仮に事実と異なる告知をして保険に申込みをすることは可能です。が、万が一の保険金支払時には、健康保険組合やかかりつけ病院等への調査などがありますので、そこで「告知義務違反」が発覚し、保険金が下りないようなことになっては意味がありません。告知は正しく、真実をご記入ください。

出産に備え、医療保険で万が一の場合のご準備を!

参考ページ:生命保険の告知とは?
参考ページ:出産費用に係わる出産一時金と入院給付金
参考ページ:女性特有の病気「子宮頚がんと無料検診」のしくみ
参考ページ:30歳代から増加!乳がんとセルフチェック
参考ページ:女性保険 年間人気ランキング
参考ページ:妊婦でも加入できる可能性があるガン保険 一覧
参考ページ:持病があっても入れる医療保険、生命保険のご相談 一覧
 当サイトでは、商品の概要を説明しています。詳細につきましては『重要事項説明書』・『ご契約のしおり』をご確認ください。

お客様の状況により、健康体の医療保険にご加入いただけることもございます。
その場でご加入いただけるかどうか、目安をお答えできますので、お気軽にお問合わせください。

管理番号:C-0907-0026