住宅を購入を決断されたときのことを思い出してください。
 十分に悩み、こだわられた上で手に入れた財産に満足されたのではないでしょうか。
 一方、“人生で2番目に大きな買い物”といわれる生命保険はいかがでしょうか。
 “十分に悩み、こだわった上で手に入れた生命保険”と言える方は少ないはずです。
 住宅を購入された皆さんの“個人の夢”を実現するため、生命保険の保障内容の見直しにより経済的なバックアップをさせていただきます。

  1. よりスムーズに住宅ローンを返済したい
    生命保険料を減らせれば、早い段階で繰り上げ返済ができるはず。
  2. 豊かな資産形成をしたい
    生命保険料を減らせれば、その分、将来に向けた貯蓄にお金を回せるはず。
  3. 長期入院しても安心して住宅ローンの返済をしたい
    万が一、病気やケガで長期入院して収入が減ったとしても、生命保険の入院給付金を住宅ローンの返済にあてられるはず。

生命保険を見直す時の4つのポイント

それでは、具体的な生命保険の見直しポイントをチェックしてみましょう。

ポイント1 団体信用生命保険を理解する

 住宅ローンを組むと、多くの場合、同時に『団体信用生命保険』という生命保険にご加入されています。
 銀行で住宅ローンを組まれた方は、『団体信用生命保険』の保険料を銀行が負担している場合が多いために、ご加入された意識が薄いかもしれません。
 『団体信用生命保険』は、ローンを組んだ人が死亡または所定の高度障害状態になられたとき、その保険金でローンの残債が完済される仕組みの保険です。
 『団体信用生命保険』に加入すると、家族のための住居費用相当額については確保したことになるわけです。
 そのために、生命保険は万が一の際、遺された家族の生活資金を確保するためにだけに加入すればよく、現在加入の生命保険の保障金額を下げられる可能性があります。

参照:「団体信用生命保険でカバーできないリスクとは?」

住宅購入イメージ図

ポイント2 必要保障額を理解する

 通常、必要保障額は右肩下がりの三角形になります。>
 生活費が月30万円(年間360万円)の場合、生活費の総額はどのくらいになるかを見てみましょう。
現在から30年後までの期間
 このように、保障の形も必要保障額(生活費の総額)に合わせることで合理的な保険が実現します。
合理的な保障の確保

参照:「必要保障額の計算」

ポイント3 遺族年金を理解する

 国民年金や厚生年金などの公的年金の被保険者が死亡した場合、残されたご遺族には公的な支援として「遺族年金」が支給されます。
 遺族年金は、加入している社会保険制度によって異なりますが、月々の生活費の保障は、遺族年金の受取額を差し引いて不足分だけ考えることができます。

参照:「遺族年金の受給額」

遺族年金の受取額と不足分を理解

●「結論」

  • ・団体信用生命保険で住宅費は、解決する。
  • ・遺族年金で生活費の一部は、まかなえる
  • ・不足する毎月の生活費を重点に生命保険を考える。

以上のポイントで保険見直しを行えば、格段に保険料をコストダウンできます。無駄なく、保険に加入するために「収入保障保険」をお勧めいたします。

ポイント4 結論を基に、さらに生命保険料を安くする!

 無駄なく保障に加入し、保険料を抑えることができるこの収入保障保険をさらにお安くしましょう!
 今、評判のネット保険会社で収入保障保険を探します。ネット専業保険会社は現在、アクサダイレクト生命とライフネット生命の2社ありますが、申し込みから契約までを全てネットで行うため、パンフレット等の印刷代や事務員の事務作業内などが不必要なため、一般の保険会社と比べ格段に間接コストが安くなります。このうちの1社、アクサダイレクト生命が収入保障保険を発売しています。
 タダでさえ安い収入保障保険を、タダでさえコストの低いネット専業保険会社で加入できるのですから、これほどすばらしい保険料は考えられませんね。

保険を解約したい・保険料を安くしたいなどをお考えならば、
ぜひ一度ネットで保険料を計算してみてはいかがでしょうか?
今加入している保険と保険料比較してみればびっくりすると思いますよ。

アクサダイレクト生命の収入保障保険

番外編: 長期契約の火災保険を見直す

 住宅ローンを組んだ時に、同時に長期火災保険に加入した方も多いはず。
 実は、2009年後半に火災保険の料率改訂が全保険会社行われました。そのため、契約の内容によっては火災保険を見直すと安くなる場合があります。
 そこでおすすめしたいのがネットでお見積り・お申込みが簡単にできるセゾン自動車火災の「自分でえらべる火災保険」です。「じぶんでえらべる火災保険」は、名前の通り、保障内容を細かく自分自身で選ぶことが可能で、5分程度で保険料の計算が簡単にできます。マンション、一戸建て住宅のどちらでも対応しています。今、ご加入の火災保険とぜひ保険料を比べてみてください。

セゾン自動車火災のじぶんでえらべる火災保険

参考:住宅ローンを抱えた方の「就業不能リスク」
参考:住宅ローン返済の意外な落とし穴!
参考:マンション購入者の火災保険の選び方
参考:一戸建て住宅の火災保険の選び方
参考:地震保険の選び方
参考:ライフネット生命の就業不能保険「働く人への保険2」とは?

CX-0610-0126 2006/10