生命保険に加入する前に、まずは「生命保険はいくら必要か?」を自分で計算して見ましょう!

万が一のとき、遺されたご家族に必要な保障額をシミュレーションしてみませんか?

家族の安心を得るために必要な「世帯主の必要保障額を計算」するコーナーです。
必要保障額がわかったら、過大な保険金を設定する事無く、ムダの無い保険加入が可能です。

必要保障額計算のポイント

必要保障額の計算には、いくつかの要素に分けて算出したほうが解りやすいです。

  1. 葬儀費用・・・・・・地域により異なりますが、概ね300万円~500万円
  2. 住宅費用・・・・・・賃貸の方は住宅費用を計算
  3. ご家族の生活費用・・毎月10~15万円など、奥様+お子様の1ヶ月の生活費
  4. 子供の学資準備・・・大学卒業までの子育て費用
  5. 自動車ローンなどのローンの残債を清算するための費用

上記の目安を参考に、生命保険の必要額を計算してみてください。ご自身・家族の生命保険について考える前に、まずは必要保障額を計算し、保険加入の目安にしましょう。

シミュレーションイメージ

必要保障額シミュレーションをはじめる

保険お申込みに関する注意事項

当募集代理店(生命保険募集人)は、お客様と保険会社の保険契約締結の媒介を行う者で、保険契約締結の代理権はありません。
したがいまして、保険契約は、お客様からの保険契約のお申込みに対して保険会社が承諾したときに有効に成立します。

当募集代理店および当代理店の特定関係法人の役職員の方は、当募集代理店でお申込みいただくことはできません。(医療保険・がん保険を除く)
※特定関係法人とは、出資関係や人的関係等により募集代理店と密接な関係がある法人を指します。当該法人に勤務する役職員に対して募集代理店が保険募集を行うことは法令により禁止されております。

関連ページ:遺族年金の受給額はいくら?