このお勉強は1年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性があります。

AIUは、7月から「マネジメント賠償責任拡張担保(2015)特約」を発売しました。株主代表訴訟など経営者個人に対する損害賠償請求を補償する「マネジメントリスクプロテクション保険(D&O保険)」の特約で、日本で初めて不祥事発生時の社内調査費用を補償し、役員の相続人に対して保険金額を追加で提供します。

この特約は、自社または子会社において不祥事が発生した場合に、社内調査に要した弁護士に対する報酬、調査会社に支払った費用などを補償する特約を新たに開発したものです。グループ企業において不祥事が発生した際に、事実調査、原因究明、再発防止策の検討など一連の対応に要する費用を切れ目なく補償することが可能になります。

亡くなった役員の経営判断等により会社に損害が生じた場合、配偶者や子どもなどの相続人が、株主代表訴訟などで責任追及されるリスクにも対応します。保険契約者の役員の相続人に対し、基本契約とは別に最高1億円の保険金額(保険金の支払い限度額)を追加で提供する補償を新設しました。

http://www.aiu.co.jp/about_us/press/2015/15_07_01_1.htm

(2015年7月13日)

参考ページ : 企業のリスクヘッジ・財務強化「企業財務.jp」