三井ダイレクト損害保険は、同社事故データをもとに作成した事故発生分布データをWebサイトに公開しました。

事故発生件数は、月別では8月・12月・3月、曜日別では土曜日および日曜日、時間帯別では8時台、12時台および16時~18時台が多いことがわかります。年代別の事故類型を調べてみると、10代20代では追突事故が多く発生。60代70代では対工作物、対駐車車両の事故発生割合が多くなっている。

時間帯別の事故類型は、午前中では「出合い頭衝突事故」が多発。一方、夜間ではスピード出し過ぎによるガードレールへの衝突事故など、「対工作物事故」が多いことがわかりました。

事故発生分布データは、2014年4月から2015年3月に実際に起きた同社事故データをもとに作成したものです。

(2015年12月29日)

参考ページ : 新車の軽自動車が月々¥10,000円~で?マイカーリース「いまのりセブン」