厚生労働省は、患者が払う自己負担額に上限を設ける「高額療養費制度」について、住民税を払っている70歳以上の全ての人を対象に2017年8月と18年8月の2段階で上限額を引き上げる案を示しました。与党と調整し、年内に決定する見通しです。

高額療養費制度は、病院窓口で支払う医療費が高額になる場合、所得に応じて毎月の負担額に上限を設ける仕組み。

1カ月の医療費が100万円の場合、17年8月から、年収が370万円未満の住民税課税世帯について入院費の上限を4万4400円から5万7600円に、外来診療の上限を1万2000円から2万4600円に引き上げます。年収が現役並みの370万円以上では入院費の上限を据え置き、外来の上限を4万4400円から5万7600円に引き上げる見込みです。