このお勉強は1年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性があります。

鬼怒川が決壊し大きな被害が出た茨城県常総市など、関東・東北地域での水害の後、各地では詐欺の注意を喚起しています。各報道によると、がれき処理や家の修繕で高額を請求する悪質業者が出てくる恐れがあるとのことです。

常総市では、すでに被災者宅を狙った空き巣被害が22件発生しています。また、「自衛隊に似た迷彩服を着たグループが家をのぞき込んでいた」という通報が複数あったという。

水没して動けなくなっている多くの車のフロントガラスなどに「高額で買い取ります」と連絡先が書かれたビラも置かれています。常総市では「すぐに契約せずに、家族らと相談するように」と注意しています。

(2015年9月24日)

参考ページ : 地震・津波の天災によるケガも補償!アイリオ生命の災害保障保険