豊田通商グループの豊通保険パートナーズ株式会社は、このたびAXAグループのアクサ・アシスタンス・ジャパン株式会社と代理店契約を締結し、海外緊急避難アシスタンスサービス「G-rescue」の取り扱いを開始しました。

海外赴任者とその帯同家族や、海外出張者を取り巻くリスクの中でも「テロ・戦争」「暴動・内乱」などへの安全対策が、近年、重要度を増しています。そのため企業では、国内外の組織体制の強化などを進めていますが、一方で、自社の体制に課題や悩みを持つことがあります。その課題解決のために、海外緊急避難アシスタンスサービスを開始しました。

「G-rescue」の概要は以下の通りです。
1.危険情報: 専用アプリを通じて、各地で発生した危険に関する情報をタイムリーに案内
2.安否確認: 緊急時のアプリでの安否確認と社員の位置情報の把握
3.緊急避難: テロや戦争、政情不安が発生した場合の必要に応じた緊急避難の手配(避難・搬送などにかかる費用は契約者負担)
 (サービス提供者はアクサ社)

「G-rescue」の特徴
1.企業の海外安全対策のニーズに応える、実用的で便利なサービス
2.ユーザー目線による高いコストパフォーマンス(リーズナブルな価格、フレキシブルな対象者設定など)

http://www.toyota-tsusho.com/press/detail/161031_003860.html