このお勉強は1年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性があります。

東京海上日動火災保険は、運送業者など法人向けに映像記録型ドライブレコーダー機能や、通信機能等を有する「ミラー型テレマティクス端末」を活用したサービスを開発します。

サービス内容はテレマティクスサービス『ドライブエージェント』で、①高度な事故対応サービス、②安全運転支援コンサルティング、③事故防止支援機能を備えます。①高度な事故対応サービスは、先進的なテレマティクス技術を最大限活用し、事故発生時に コールセンターに自動通報するサービス。

通信機能を備えたパイオニアの専用端末を車内のバックミラーに設置し、事故など一定以上の衝撃を端末が感知すると、NTTドコモの通信回線で東京海上日動のコールセンターに通報するしくみです。情報を受けたオペレーターは端末が撮った映像を確認し、事故と判断すれば専用端末を使って運転手に呼びかけ、必要な対応の助言などを行います。採用した企業には自動車保険料を一律7%程度下げることを検討します。

http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/company/release/pdf/150622_01.pdf

(2015年6月22日)

参考ページ : 保険用語.lify.jp