読売新聞の報道によると、損害保険各社は2017年1月から、自動ブレーキなど先進的な安全装置を搭載した自動車の保険料を平均10%程度割り引きます。

メーカー団体の日本自動車工業会(自工会)、国土交通省とともに、車種ごとの安全性能に沿って個別の割引率を決める予定です。自動ブレーキなどを搭載した車種は「先進安全自動車(ASV)」と呼ばれ、運転席の上部に付いたカメラで前方の車を検知し、衝突を回避する富士重工業の運転支援システム「アイサイト」が代表例です。ほかに、走行車線のはみ出しを防ぐ「レーンキープアシスト」や、速度を調整しながら前方との車間距離を保つ機能なども実用化されています。

(2016年1月14日)

参考ページ : 発表!年間人気自動車保険ランキング