第一生命保険株式会社と株式会社日立製作所は、両社の持つ保険・医療などの分野における技術やノウハウ・知見を組み合わせて、「医療ビッグデータ」を生命保険事業に活用するための共同研究を開始しました。

第一生命は、今回の共同研究によって、将来の疾病罹患や予後の状況を予測するモデルの構築などを行い、保険アンダーライティング機能(保険の引受け・支払い査定機能)の高度化などを目指して、次のような取り組みを進めていくということです。
1.将来の疾病罹患だけでなく、その重症度や予後まで予測することにより、持病や病歴で加入できなかったお客様が加入できる仕組みを検討
2.蓄積したデータを解析し、疾病予防や健康増進に資する情報提供や新たな商品・サービスなどの開発を検討
3.医療ビッグデータの高度な解析に向けて、AIなどの最新統計技術を研究