第一生命保険株式会社(社長:渡邉 光一郎)は、国立研究開発法人国立がん研究センター(理事長:中釜 斉、以下、国立がん研究センター)と疾病予防・健康増進に資する共同研究を開始すると発表しました。

同社は、保険ビジネス(Insurance)とテクノロジー(Technology)の両面から生命保険事業独自のイノベーションを創出する取組みを“InsTech”(インステック)と銘打ち、優先的な戦略課題としてグループ全体で推進しています。中でも特に重要なテーマとして「医療ビッグデータ」の活用に取り組んでいます。

国立がん研究センターは、世界最高水準の「がん」の医療、国のがん登録制度の運営、発がんリスクに関する先進的な研究などに加え、「がん」を含めたさまざまな疾病の予防や健康増進について先進的で高度な取組みを展開しています。その代表的な取組みとして、がんや循環器疾患、脳卒中などの重大な疾病に関するリスクやその要因について、国立循環器病研究センターや大学・保健所等との連携により、長期にわたる大規模な観察に基づく研究である「JPHCスタディ(i)」(多目的コホート研究)を行っており、幅広く生活習慣病に関するリスクチェックツール(ii)を開発するなどのノウハウ・技術を有しています。

両者は、次の共同研究・開発を開始します。
 1.一人ひとりの健康状態や運動・食事、喫煙・飲酒などの生活習慣をもとに重大な疾病リスクの軽減・予防、健康増進に役立つ効果的な生活習慣(運動、食事、喫煙・飲酒等)の改善シナリオとアドバイスの開発・提供

 2.日本人の健康寿命延伸に資するエビデンスの蓄積を目的とした、健康状態、生活習慣、ライフステージ・ライフイベントと、疾病罹患や入院、死亡などとの関連解析

http://www.dai-ichi-life.co.jp/company/news/pdf/2016_056.pdf