このお勉強は1年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性があります。

第一生命は、2015-17年度中期経営計画「D-Ambitious グループを挙げた持続的価値創造の実現」にあわせ、同期間における「健康増進中期計画」を策定しました。

顧客向け健康増進の取り組みとして、「顧客への健康情報の提供」「高品質の健康・医療・介護サービスの提供」「スポーツ振興を通じた顧客の健康増進・維持への貢献」などに注力します。約4万名の生涯設計デザイナーが、携帯する情報端末「DL Pad」や情報紙を通して、病気のメカニズムや最新の治療法を紹介するとともに、予防や検診受診の勧奨などフェイス・トゥ・フェイスによる啓発活動に取り組みます。

顧客向けには、「メディカルサポートサービス」で、個人保険の契約者・被保険者とその家族を対象に、健康・医療・育児・介護に関する相談や情報提供を、電話やインター
ネットを通じて24時間365日利用できるサービスを提供します。契約者だけでなく同居・別居問わず家族も使うことができます。

http://www.dai-ichi-life.co.jp/company/news/pdf/2015_018.pdf

(2015年6月11日)

参考ページ : 発表!年間人気個人年金保険ランキング