第一生命保険株式会社は、独立行政法人国際協力機構(JICA)が発行する日本で初めての「ソーシャルボンド」へ23億円を投資することを決めました。

ソーシャルボンドは、社会開発に資する事業を資金使途とする債権です。また、JICAは開発途上国に対して低利で長期の条件で公共事業の開発資金を貸し付けることによって、開発途上国の経済・社会発展への取り組みを支援する有償資金協力事業を行っています。

第一生命は安全性・収益性だけでなく、社会貢献を考慮し、今後も運用手法の高度化・多角化・企業価値向上を目指していくということです。