このお勉強は1年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性があります。

第一生命保険株式会社(社長:渡邉 光一郎)は、11月5日(木)より渋谷区にて発行される「パートナーシップ証明書」をうけ、同証明書の写しを提出することで、原則、同性パートナーを保険金の受取人に指定できるようにすると発表しました。

保険金の受取人は、原則、配偶者ならびに2親等以内の血族を指定範囲としている一方で、これまでも、契約者が事実婚や同性のパートナーを受取人とすることを希望した場合は、同居の有無等生活環境や被保険者と受取人の関係等を確認のうえ指定可否を判断してきました。

同社では、社内向けには2015年12月以降、全社員対象にLGBTの理解促進を図る研修を実施するほか、2016年度より社員向けの「LGBT相談窓口」を設置する等の取組みを通じ、多様な価値観を尊重し、活躍できる社内風土を醸成することを目指します。

http://www.dai-ichi-life.co.jp/company/news/pdf/2015_064.pdf

(2015年11月13日)

参考ページ : 相続に有効な保険商品選択のコツ