第一生命保険株式会社(社長 渡邉 光一郎)のシンクタンク、株式会社第一生命経済研究所(社長 矢島 良司)では、従業員数300人以上の民間企業に勤める正社員20~59歳の男女1,000人に対して、ストレスチェックに対する意識についてアンケート調査を実施しました。

公表された結果によると、ストレスチェックを受けた経験がある人は、義務化4か月後の時点で30.4%でした。大きな企業に勤める人ほど、受けたことがある人が多い状況でした。

実施が義務付けられたことを知っていた人は54.1%で、ストレスチェックを受けたことがない人は、知らなかった割合が高いこともわかりました。

ストレスチェックについて、「自分の心の健康の管理」「職場環境の改善」に役立つと感じる割合、「プライバシーが守られるか」「受けると仕事上の不利益が生じないか」不安と感じる割合ともに、それぞれ4割前後でした。

ストレスチェックが「職場環境の改善」に役立つと感じる割合は、従業員数5,000人以上の企業に勤める人で高い結果でした。

http://group.dai-ichi-life.co.jp/cgi-bin/dlri/ldi/total.cgi?key1=n_year

http://www.dai-ichi-life.co.jp/company/news/pdf/2016_054.pdf