このお勉強は1年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性があります。

大手生命保険6社が企業年金から受託している団体年金の2014年度の運用利回りが平均17.87%だったことがわかりました各社の運用利回りは、日本生命保険が20.22%、明治安田生命保険が19.49%、第一生命保険が18.92%。

国内景気の回復や円安の進行を受け、利回りが2013年度から4ポイント程度高い結果になりました。

団体年金は従業員の年金支払いに備える企業年金の資金を生保が預かり、国内外の株式や債券で運用するものです。

(2015年5月26日)

参考ページ : 発表!年間人気個人年金保険ランキング