このお勉強は1年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性があります。

相互会社の生命保険各社が、株式会社の株主総会にあたる総代会を開催しました。住友生命保険が指名委員会等設置会社への移行を決議し、日本生命保険と明治安田生命保険はコーポレートガバナンス・コード(企業統治指針)に沿った経営をすると表明しました。

委員会設置会社は、社外取締役が人事などで大きな影響力を持ちます。住友生命の橋
本雅博社長は大阪市内で開いた総代会で「社外取締役が取締役の過半数を占める体制に移行して、ガバナンスをレベルアップしたい」と説明しました。

(2015年7月5日)

参考ページ : 法人契約の自動車保険もネットで比較