このお勉強は1年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性があります。

東京消防庁は、事故や災害現場に居合わせてけが人らの手当てをした人が感染症にかかるといったトラブルに遭った場合に、保険金が支払われる制度を2015年度中に導入します。

同庁によると、急病人や負傷者が出た際に、たまたま近くにいた人は「バイスタンダー」と呼ばれ2013年の統計では、心肺停止時にバイスタンダーが応急手当てした場合は約14%が生存しました。しなかった場合の3倍以上の水準です。

(2015年3月30日)

参考ページ : 発表!年間人気傷害保険ランキング