朝日生命保険相互会社(社長 佐藤美樹、以下 当社)は、次世代営業職員用携帯端末の画面デザインを日本アイ・ビー・エム株式会社と共同で開発し、「保険ご加入の電子手続」の画面デザインにおいて、一般社団法人ユニバーサル コミュニケーション デザイン協会(以下 UCDA)より「伝わるデザイン」認証を取得しました。

同社は「加入手続き等の電子化・ペーパーレス化」や「シニアのお客様にやさしいサービスの提供」などに取り組んでおり、その一環として、今般、よりお客様の視点や立場に立って開発した画面デザインが、UCDAより評価を受け認証取得となりました。

同社によると、画面デザインは、分かりやすさ、使いやすさ、間違いやすさの削減等に配慮しています。 また、シニアのお客様の利用しやすさ(アクセシビリティ)の観点で検討を行う等、お客様の行動特性を考えて設計を行いました。

(2015年12月30日)

参考ページ : 通院中、退院後、の医療保険加入について