このお勉強は1年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性があります。

明治安田生命保険相互会社(執行役社長 根岸 秋男)は、2015年4月15日から直営・来店型店舗「保険がわかるデスク下北沢」(東京都世田谷区)、「保険がわかるデスク立川」(東京都立川市)、「保険がわかるデスク千葉」(千葉県千葉市)、「保険がわかるデスク西宮」(兵庫県西宮市)の4店舗を開設します。

同店舗は、契約の有無にかかわらずどなたでも気軽に無料相談ができる来店型店舗。対面による保険相談や既契約者へのアフターフォローを実施してきました。

このたび、保険商品を自ら選びたいというニーズの高まりを背景に、都市部やその近郊における店舗配置を見直し、世田谷区・立川市・千葉市・西宮市に新たに店舗を開設するとともに、所属するFPコンサルタントを1.5倍の約60人に増員します。

新たに開設する4店舗を含む全店(計10店舗)では、保険についてのご相談のほか、付設の「セミナースペース」を利用し、年金・相続・女性向けのセミナーや親子向けのイベントの開催など、ライフイベントごとに備える資金や日々の暮らしに役立つ幅広い情報・サービスなどを提供します。また、一部店舗では「キッズスペース」を設けています。

 また、平日の日中にご来店が難しいお客さまにも利用いただきやすいよう、平日の営業時間を19時までとし、土曜日も営業します。なお、今回の店舗配置の見直しに伴い、3月20日に「保険がわかるデスク川崎」「保険がわかるデスク池袋」「保険がわかるデスク浦和」は、お客さま来店窓口を併設支社に一本化し閉

http://www.meijiyasuda.co.jp/profile/news/release/2014/pdf/20150310_01.pdf

(2015年3月10日)

参考ページ : 豊かな老後をお考えの方に