このお勉強は1年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性があります。

報道各紙によると、日本生命保険と明治安田生命保険は21日、英ロンドン交通局が発行する私募債「環境配慮型債券」をそれぞれ引き受けたことを発表しました。日本生命は7000万ポンド(約125億円)、明治安田生命は、5000万ポンド(約90億円)を引き受けます。

日本生命と明治安田生命は、保険契約で預かった運用資金を、低金利が続く日本国債以外に投資しており、成長分野である環境関連やインフラ事業などに注力しています。ロンドン交通局は、得た資金を駅舎への太陽光発電システムの設置やハイブリッドバス、電気バスの導入に充てる方針です。
 
(2015年4月23日)

参考ページ : 発表!年間人気個人年金保険ランキング