このお勉強は1年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性があります。

日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険が東京証券取引所に株式上場を本申請しました。東証の上場審査は1~2カ月程度で完了するとみられ、8月にも上場が承認、10月にも上場する見通しです。

早期の株式売却を実現するため、親会社の日本郵政と完全子会社のゆうちょ銀行、かんぽ生命の親子3社が同時上場します。持ち株会社の日本郵政の株式は現在、政府が全て保有しており、上場後も3分の1超を持ち続ける予定です。上場により得られる日本郵政株式の売却収入の一部は、東日本大震災の復興財源に充てられます。

(2015年6月30日)

参考ページ : 生命保険の選び方。生命保険の仕組み