このお勉強は1年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性があります。

報道各紙によると、NTTドコモが日本生命保険と提携し、全国で約2400店ある携帯ショップにて生命保険を販売する計画であることが明らかになりました。

週内に発表する見込みとみられますが、いまのところ日本生命側では「両社より発表したものではありません」としています。

報道によると、ドコモが保険代理店となり、ショップ内に販売カウンターを設置し、専門スタッフが接客する方針。顧客は、携帯料金と保険料を一緒に支払えるようなるほか、ドコモが手掛ける健康管理アプリとの連携も検討している模様です。日経新聞によると、歩数や消費カロリー数をアプリで管理し、健康状況に応じて料金を引き下げるサービスなどを提供する方針とも伝えています。

ただし、保険商品は金融庁による認可が必要で、原則として自由に値引きすることはできません。日生とドコモで、割安な専用の生保商品や通信プランを共同開発することも視野に入れているようです。

ドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯大手3社はこれまでインターネットを通じて主に損害保険の販売を行っていますが、店頭で生命保険を販売するのは初の例です。

http://www.nissay.co.jp/news/2015/20151020.pdf

(2015年10月20日)

参考ページ : 家計の節約テクニック① ~クレジットカードの活用~