このお勉強は1年以上前に書かれたものです。
情報が古い可能性があります。

日本生命保険が三井生命保険を買収することで三井側と大筋合意したと、報道各紙が報じています。国内生保の再編は約11年ぶりで、日生は三井住友銀行など三井生命の主要株主から8割程度に当たる株式を買い取り、子会社にする見込みです。10月下旬にも三井側と最終合意、11月上旬をめどに三井生命の株主に対するTOB(株式公開買い付け)を始め、来年3月末までに子会社化する見込みです。

買収額は3000億~4000億円規模とみられます。国内生保市場は人口減少により大きな成長を見込めないなか、11月のかんぽ生命保険上場で競争が激しくなることが予想されています。日本生命は、その中でシェアを拡大する狙いがあります。

(2015年8月26日)

参考ページ : 企業のリスクヘッジ・財務強化「企業財務.jp」